2008年度アフガニスタン青年研修事業<女子教員>の実施


 2002年度、五女子大学コンソーシアム(お茶の水女子大学、津田塾大学、東京女子大学、奈良女子大学、日本女子大学)により実施された第1回目の「アフガニスタンの指導的女子教育者のための研修」は、その後2006年度まで毎年実施され、特にアフガニスタンの女性の校長先生の教育開発に大きく貢献しました。この研修は、当初の目的を達成したことにより発展的に解消し、2008年度はJICA(国際協力機構)スキームの中の「青年研修事業」の枠組みで“女子教育”をテーマに五女子大学コンソーシアムが研修の企画と実施を行うことになりました。今回の研修では、アフガニスタンの初等教育及び前期中等教育において女子教育に直接携わっている若手現職教員を13名招聘しています。研修プログラムは下記の5つの目標に沿って組み立てられ、研修方法は講義と視察によって行われます。研修期間は1月13日(火)から30日(金)までで、そのうち奈良女子大学での研修は22日(木)から24日(土)までです。奈良女子大学における研修の企画と実施は、奈良女子大学「開発途上国の女子教育に関する支援事業実施委員会」が担当し、国際課が事務業務を担当しています。なお、本学のアフガニスタン女子教育支援のホームページは、国際交流センターが管理しています。

研修目標
1. アフガニスタンにおける女子教育の重要性の理解を深める
2. 男女平等に基づく、教育の重要性、社会参加への理解を深める
3. 現地の事情に即した教授法(教材研究)を実施することができる
4. 日本の戦後復興と経済発展を知り、教育を通してのアフガニスタンの復興活動について
  具体的なビジョンを構築できる
5. 日本の青年たちとの交流を通して、アフガニスタンの現状を伝え、アフガニスタンの国造りに
  ついて話し合うことにより相互理解を深める

奈良女子大学研修概要
1月23日(金)
・開講式:学長挨拶、奈良女子大学紹介、オリエンテーション 9:30〜10:00(F棟5階会議室)
・歓迎昼食会、学内見学:11:30〜13:00
・大学での講義受講:テーマ「食生活と健康」 10:00〜11:30(F棟5階会議室) 
・附属小学校訪問:育友会(PTA)活動について学習 14:00〜16:30
1月24日(土)
・伝統的建築物の視察:東大寺 9:00〜11:00

問い合わせ
奈良女子大学国際課
Tel:0742-20-3429 Fax:0742-20-3309 E-mail:ryugakusei@cc.nara-wu.ac.jp


[back]
Copyright (c)2006 Nara Women's University. All Rights Reserved.