在校生の声: 大学での勉強について [人間科学科]

在校生の声: 大学での勉強について [人間科学科]

教育学・人間学コース 2012年度4回生 Wさん

身近な疑問から研究へ

教育学・人間学は、「人間」について、哲学・思想、教育、スポーツといった様々な分野から学ぶことができるコースです。学生の研究分野は、「学習塾」や「職業教育の変遷」、「医療における倫理観」、「比較教育」など幅広く、ほとんどが身近な疑問から出発しています。私は、現在「児童虐待」に興味を持ち、教育学や社会学といった分野と関連させながら研究を進めています。また、コースでの懇親会が頻繁に行われ、学生同士はもちろん学生と先生方の距離が近く、とてもアットホームなコースであるというのも大きな特徴であると感じます。同じコースの学生と意見を交換しやすい雰囲気がありますので、私自身も研究テーマに関して語りあうことが多く、仲間と共に深め合うことができていると感じます。また、倫理学・教育史・教育社会学・身体文化学などを研究されている先生方から幅広い指導を受けることが可能であるという点、このコースの魅力です。教育学・人間学コースで、自分が感じた疑問や、興味を持った問題について広く深く学びませんか。

子ども臨床学コース 2012年度3回生 Kさん

興味は広く、追究は深く

私は入学当初から「子どもが好き」「子どもについてもっと深く学びたい」という思いがあり、このコースの授業を履修していました。その中で、子どもの遊び、文化、臨床、心理、障がい、教育、家族関係など、子どもについての様々なことに触れて興味が深まり、1回生の終わりにこのコースの選択を決意しました。このように最初は漠然とした興味しかもっていませんでした。今は、自分が帰国子女であることから、まだはっきりと決まってはいないのですが、海外生活を余儀なくされた子ども達について研究していきたいと考えています。3回生になった今、このように自分の興味を絞ることが出来てきたのも、1、2回生のうちに子どもについて幅広く学べたからだと思います。
 私のように自分が何を研究したいのか分からなくても、子どもが好きであればこのコースではきっと自分の興味を見つけることが出来ると思います。そして、少人数なので、同回生はもちろんのこと先輩・後輩・先生方との距離も近く、気軽に相談に乗ってもらったりしています。皆とても仲が良く、協力し合いながら楽しく(大変なことももちろんありますが)勉強できるところもこのコースの魅力だと思います。

総合心理学コース 2012年度3回生 Aさん

心理学の領域と方法から「人間」を考える

私は、人間科学科総合心理学コースに在籍しています。
 みなさんは「心理学」と聞いてどのようなイメージを抱くでしょうか?一言で「心理学」と言ってもその内容は様々で、発達心理学、臨床心理学、社会心理学、認知心理学などその領域は広く、まだまだ勉強中の私では説明しきれないほどです。
 総合心理学コースでは、概論や特殊研究の授業を受けることで、心理学の基本的な知識や、その様々な領域に対する知識を深め、より自分に興味のある領域を探すことができます。必修科目である演習や実習では、過去の様々な研究や論文に触れたり、観察や面接、調査や実験などを行い、実際に体験することでより理解を深めることができます。
 協力し合いながら共に学ぶ友人たちがいることはもちろん、先輩の研究に協力させていただいたり、ときに面白い話を交えながら、熱心に丁寧に指導してくださる先生方に囲まれて学ぶことが出来るこの環境は、とても恵まれたものであると感じています。
 課題やレポートなど、決して楽なものではないですが、心理学を通して人間について考えることや、他者との関わりについて学ぶことは、きっと社会に出てからも役に立つことであると思います。

スポーツ科学コース 2012年度3回生 Nさん

意欲を満たしてくれる環境

私は高校時代、運動部に所属していた訳ではなく、どちらかといえば運動音痴の部類です。実習の授業も当然ありますが、運動の能力よりも、むしろ「チャレンジしてみよう」という姿勢を先生も、学生も大切にしています。そのため、運動初心者の私でも、気兼ねすることなく、楽しんで実習に参加することが出来ています。私は自分自身が大のスポーツファンであることから、スペクテイタースポーツとスポーツファンの関係性について興味を持ち、スポーツ科学を勉強したいと思いました。スポーツと言うと、競技者に注目されがちですが、私はファン視点からのスポーツ科学をテーマとし、そのテーマをより具体化させるべく今、広い視野からスポーツについて勉強しています。運動能力に関係なく、スポーツが好き、スポーツを勉強したいという意欲さえあれば、その意欲を十分に満たしてくれる環境を提供してくれるのが、奈良女子大学のスポーツ科学コースです。

スポーツ科学コース 2012年度1回生 Oさん

少人数制ならではの充実した日々

わたしはこの春希望であったスポーツ科学コースに入学しました。1回生の授業ではスポーツ法学やスポーツ心理学、スポーツバイオメカニクスなど、スポーツ科学が扱う様々な分野の勉強をすることができます。奈良女子大学は少人数制であるために、先生と生徒の関係が非常に親密です。多くの先生方や先輩方からアドバイスをいただき、充実した日々を過ごすことができています。クラブ活動ではラクロス部に所属しています。スポーツ科学で学んだことを実践で生かすことができるのが非常に楽しみです。また、現在附属高校で6年間所属していたテニス部の指導にあたっています。個人競技での精神面の大切さを感じたため、将来はスポーツ心理学を専門的に学びたいと考えています。スポーツに関する精神的な問題や身体面と心理面の関係などを学び、大学で身につけた知識を生かすことのできる教育の現場で活躍したいです。

pagetop