卒業生の声: 奈良女の雰囲気 [人間科学科]

大学院へのいざない

卒業生の声: 奈良女の雰囲気 [人間科学科]

教育学・人間学コース 2012年3月卒業 Mさん

学業に専念できる環境

他の大学に通う学生に教育学・人間学コースの話をすると、いつも驚かれ、そして羨ましがられます。それは勿論、このコースが他の大学や他のコースにはない魅力であふれているからです。
まず、学生の研究を第一に考えてくださっている先生方とほぼマンツーマンに近い関係でお話ができるということは、学生の本分である学業に専念するために欠かせない環境であることは言うまでもありません。
 そして留学生を含めた多種多様な学生たちは、研究のテーマが違えどもお互いを高め合うために必要な存在です。仲間たちと議論を重ね、疑問に思ったことにはすぐに先生からのアドバイスをいただく、そんな学生にとって当たり前のことを当たり前のように行うことができるコースです。
 しかしこの当たり前の環境が何よりも魅力的であることは、勉強に夢中になったことのある人にはよく分かることではないでしょうか。このコースには一生懸命勉強したい学生の一人ひとりを全力で支えてくれるという魅力でいっぱいです。

子ども臨床学コース 2012年3月卒業 Fさん

仲間の存在に支えられて

子ども臨床学コース、通称「コリン」では、子どもや心理に関する様々なことについて学ぶ機会がたくさん設けられています。子ども達と関わる機会が多いことも、コリンの魅力の一つだと思います。実際に子ども達が生きている世界に触れてみて、始めて分かることがたくさんあり、毎日が驚きと発見の連続でした。
 コリンは先輩・後輩の仲が良いので、分からないことや困ったことがあれば何でも相談できるところも、大きな魅力だと私は思っています。また、個人個人が自分の夢や思いを実現することを応援してくれるような雰囲気があるので、一人一人がのびのびと自分の好きなことに対して一生懸命頑張ることができます。OnとOffの使い分けが、きちんとできる子が多いので、誰かが頑張っている姿から「自分も頑張ろう!」というやる気をもらうことのできる、とても良い環境だと思います。
 コリンの先生方は、それぞれ専門が異なっておられるので、様々な視点からのアドバイスをして下さいます。学生が自分の興味を突き詰めることに対して、先生方全員が協力的で、とても親身に応援して下さるところも、コリンの魅力です。

旧 教育文化情報学専攻 2009年3月卒業 Yさん

専攻の雰囲気

就職したての頃、「奈良女らしい」と言われることがありました。自分ではわからないのですが、まるで服をまとうように「奈良女」は自然と自分の一部になっていると実感することがあります。外見だけでなく、内面からも深く考えることのできる大人になりたい、という意思を持って大学に進んだ高校3年のわたしを、旧教育文化情報学専攻で知り合った友人と教授はそっと支えてくれました。学生の間の、たとえば論文を書き上げることや進路を選ぶことは、山登りに似ています。頂上を目指すという目標は同じでも、そこを目指す道のりは一人ひとり違います。わたしが迷ったとき、友人は一緒に立ち止まってくれました。一歩前に進んだときは必ず振り返って助けあい、努力を惜しまない、10人ほどの学生がみな深化し合える関係でした。一方そんなとき教授は決して近道を教えず、いくつかの手段を提示し、それぞれの山登りに最適なものを吟味して下さいました。奈良女で過ごした日々はこうしてゆっくりと、けれどしっかりと、他の誰でもない自分らしさとなっていったのではないかと思います。

pagetop