卒業生の声: 就職して思うこと [人間科学科]

大学院へのいざない

卒業生の声: 就職して思うこと [人間科学科]

子ども臨床学コース 2012年3月卒業 Oさん

大学での学びを教育現場での実践に活かす

私が大学で学んだ4年間は、人生においてとても価値のある、大切なものを得られた時間だったと思います。
 現在、私は、大学での経験をきっかけに、幼稚園教諭として働いています。
 在学中は子ども臨床学コースに所属し、以前から興味のあった子どもについて、発達や文化、子どもを取り巻く"環境"などの様々な視点から学んできました。また、大学3回生の時の初めての教育実習では、保育現場に入って先生方の保育を間近で拝見し、子どもと直接かかわりあって共感し、成長を見守る仕事の素晴らしさを実感しました。これらの経験が、今の私に繋がっていると実感しています。また、大学時代の部活動では、部をまとめるという役職を経験させてもらえたことも、私の財産となりました。
 そして、実際に教育現場に入り、担任としてクラスの子どもたちとかかわっていくと、今まで学んできたことをいかに現場に取り入れていくかという問題に突き当たりました。学びと現場は実際のところ違うことが多いと思いますが、学びがなければ現場での問題を解決していく方法も得られないでしょう。現場での気付きを通して、大学での学びを活かしていきたいと考えています。

総合心理学コース 2012年3月卒業 Kさん

多様な視点から物事を捉えること

奈良女の総合心理学コースの特徴は、幅広く心理学の分野を学べるということです。また、教授の人数に対する学生の人数が少ないため学生一人一人に対してとても丁寧に指導していただけます。分野はわからないけど心理学を学んでみたいと考えている方や、ある分野についてしっかりと学びたいと考えている方のどちらにも対応していただける環境が整っていると思います。
 また心理学に興味はあるけれども、就職にはどうなのか...と悩んでいる人もいるでしょう。私は現在、証券会社で働いています。心理学と金融業界とでは、一見、何の関係もないように感じるかもしれません。心理学では、物事を一つの視点からだけではなく、様々な視点から見つめることを基本としています。金融業界に限らず、社会人として仕事をする上では、多様な視点から物事を捉えるということがとても大切です。こういった力を養うことができるというのは、心理学を学ぶことのメリットだと思います。

旧 スポーツ科学専攻 2011年3月卒業 Kさん

価値を見出すこと

大学時代に学んだ考え方が、今仕事をする上でとても役に立っています。それは、仕事の価値を見出すということです。仕事の中にはやりたくない仕事もたくさんありますが、その仕事は会社の中でどんな位置づけで、なんのためにやるのか。その仕事の価値を見出すことで、責任感をもち誇りを持ちながら仕事をすることができます。
 この考え方を学んだのは、部活動の経験です。初心者から始めたスポーツで、レギュラーにもなれず、正直なところ、退部してもっと楽しいことをしたいと思うこともありました。しかし、技術的にはひっぱれなくても、同じ初心者から始めた後輩を引っ張っていき、チームの底上げをするという役割を見つけることができ、諦めずに最後まで続けることができました。
 大学時代は、自分自身で時間の使い方を選べます。何に挑戦して、何を学ぶかは自分次第です。奈良女子大学の場で色々な経験を活かし、自分自身の価値を高めてください。

旧 教育文化情報学専攻 2009年3月卒業 Aさん

灯台の光のような

本専攻は哲学、教育学、音楽、そしてスポーツと、学べる分野の幅がとても広い専攻です。私はここで、教育学を学び、現在は、小学校教師として勤める毎日です。
 私は、在学中、卒論研究、修士研究を奈良女附小の「学習法」をテーマとし、深くかかわりました。奈良女子大学の持つ財産のひとつに、100年にわたる深き伝統を持つこの附小があります。日本の教育史上、新教育に関しての重要な位置にあった学校で、現在でも、全国的に有名な小学校です。子どもが司会をし、たずねあい、学び合い・・・子ども達がいきいきと学び合う、この小学校の先生方、そして教育法に、私は惹きつけられ、果てしない憧れとなったのです。
 教師となり、現場での厳しさを知り、自信がなくなった時、思い返すのは、学生時代に学んだ理想の教育たちのこと。大学での学びは、今の私に「理想」や「夢」を持ち続けさせてくれる、灯台の光のように思えます。時に励まし、時に叱咤し、いつも私の教育に対する考えを、より新たなものにしてくれるのです。
 子どもとともに喜びの涙も、悲しい涙も流しながら、共に成長していく教師の仕事。私がこの仕事を前向きに続けられているのは、奈良女が今も私を育ててくれているからだと思います。教育の伝統と歴史深き奈良女で、あなたも学んでみませんか。

pagetop