大学院人間文化研究科トップページ 基本理念 研究科長挨拶 入試情報 学位取得 取得できる資格 進路状況 English

アドミッション・ポリシー

比較文化学専攻

教育理念

 本専攻は、
 社会事象──言語認識、西欧世界──アジア世界
という二つの基軸をたて、それに対応する次の3講座からなっています。

  文化史論講座、日本アジア文化情報学講座、欧米地域文化情報学講座

  高度な専門教育を通して、固有の学問領域の研究を深化させるとともに、これまで分化の方向に発展してきた諸科学を、実体的に融合させること、すなわち
  「諸科学の人間的意味づけ」
を追求します。
  そのため、諸科学の多様性を<文化>として統合する知見を、適切な<情報>として取り扱う方法論によって、<古代・奈良>を基本的視座として、アジアおよび欧米の諸文化との比較研究の上に、広い視野に立った教育研究を行います。

求める学生像

 人間学の総合的探求を修め、21世紀にはばたく国際感覚をそなえた研究者、高度専門職業人の育成をめざします。

  • 人間の営みとしての文化現象を、情報の観点から分析し研究することに関心をもっている人
  • 歴史や言語あるいは文学の研究を通して、人間学の多様性を明らかにしたいと志す人
  • 奈良に位置する大学としての利点を生かして、古代奈良や万葉学の研究、さらにはより近現代まで含めた「奈良学」への発展的可能性を探ろうとする人
  • 古代奈良から、欧米近現代まで、日本アジアあるいは中世・近世をも通して、地理歴史的な大きなパースペクティブのなかで、自分の個別研究をおこないたいと考えている人
  • 高度な専門性と広い知見をそなえた教育者として、歴史・言語・文学の分野で活躍したいと望んでいる人
  • 地域の文化諸団体や、研究センターあるいは国際機関などで、職業人あるいはボランティア・リーダーとして、歴史・情報・文化の知見を生かしたいと考えている人

社会生活環境学専攻

教育理念

 本専攻では、人文科学・社会科学・工学が協同して、生活科学的視点から教育・研究を行います。すなわち、人間生活と社会、地域そして空間をトータルに再考し、次の5つについて探求します。
1)社会文化と心身の健全な発達、2)地域の相互扶助システム、3)地域の自然や文化・伝統との共生のあり方、4)安全・安心で質の高い社会生活の創成、5)それらを受け止める生活環境の構築本専攻には次の4講座があります。


 「人間行動科学講座」では、さまざまな環境における人間行動を、その心身の在り方も含め、総合的な視点から研究を行います。


 「共生社会生活学講座」では、個人、家族、地域における人間生活の視点から、人間の相互扶助・環境との共生を目指す研究を行います。


 「社会・地域学講座」では、社会学と地理学が連携し、持続可能な社会の構築に貢献する研究を行います。


 「生活環境計画学講座」では、安全で安心な質の高い生活を目指して、生活環境の計画と生活空間のデザインの理論的・実践的な研究を行います。


 <社会生活環境学>は、これら4講座が連携することで実現した融合的・総合的な研究領域です。既存の研究分野における専門性をより深化させるのは勿論のこと、文理融合的な研究のアプローチや、講座の枠を越えた指導体制の構築も可能です。本学の少人数教育の特質を生かし、学生の個別的研究課題に即した質の高い教育並びに研究指導を行います。

求める学生像

 本専攻では、新しい社会生活・生活環境のあり方を探究して問題を発見し、それらを共生的な視点から解決しようとする意欲をもった学生を求めています。特に、専門分野の高度な知識と分野横断的な複合的視野とを兼ね備えた豊かな学術性を志向し、将来、大学教員や研究機関の研究員、あるいは高度専門職業人としての活躍を目指している学生、具体的には以下のような学生を歓迎します。

  • 家族問題、青少年育成、生涯教育等に関わる教育・心理・スポーツ・健康・福祉関係部門の教育・研究者やカウンセラー・教育療育相談員などとして活躍しようとしている人
  • まちづくり行政・地域計画、地域経営や土地・建物の総合防災などに関わる研究者やコンサルタント、環境共生型の建築士、エスニック・グループを含めた地域社会のカウンセラー、官公庁生活関連の専門職業人、生活科学センターの指導的専門スタッフなどとして活躍しようとしている人
  • 人文・社会・自然の学際的視野と高い専門性を備え、ジェンダー・文化振興・環境保全などの分野で研究に携わり、あるいはそれらの分野での専門的リーダーとして活躍しようとしている人
  • 国際的、特にアジア地域の発展に貢献しようとしている留学生、社会人

共生自然科学専攻

教育理念

 本専攻では、安全で快適な人間生活と健康な生活環境の構築、環境に負荷を与えない物質変換システムと機能性材料の創成、生命現象の解明ならびに調和ある生物環境のあり方を目指す教育研究を行います。
  このために、食物・化学物質・生活素材の安全で快適な人間生活への応用と、分子レベルや個体レベルでの生体反応の解明やバイオサイエンスの手法に基づく生活習慣病予防など、健康な生活環境の構築に寄与できる人材、ナノ分子科学を基盤にした環境に負荷を与えない物質変換システムと機能性材料の創成を図ることができる人材、生物の遺伝子や生理活性物質についての理解と生命現象の解明ならびに他の生物や環境物質との相互作用の解明を通して調和ある生物と環境のあり方を構想できる人材を育成します。

求める学生像

 本専攻では、人間と近接環境との共生のあり方を自然科学の手法に立脚して追求できる人材の養成を目指しており、以下のような学生を求めます。

  • 人間環境の調和ある保全に貢献したい人
  • 高齢社会での健康で快適な環境を衣食住の立場での構築を目指す人
  • 人間環境の調和を考慮した物質の合成並びに化学反応に深い知識と技術を持ち、高性能・高機能性材料の新素材の開発を目指す人
  • 人間生活を取り巻く諸問題に対して、生命現象の理解に基づき健康・安全で快適かつ調和ある環境の構築を目指す人
  • 生活物質・素材に関連する深い知識と技術の修得を目指す人
  • 生物学、化学などの基礎科学や環境関連の研究所の研究員並びに大学教員を目指す人
  • 行政の環境保全、生活改善分野などにおいて政策立案を目指す人
  • 環境指標を策定し、環境アセスメントを目指す人
  • バイオテクノロジーの最新の知識と技術を修得し、食品・医薬などの産業界と学術分野で社会に貢献したい人
  • 行動変容理論に基づいての個人および地域社会での健康環境構築について指導的立場を目指す人

複合現象科学専攻

教育理念

 本専攻では、自然科学的な基盤に立脚しつつ、自然現象あるいは人間と自然や社会が関わるさまざまな現象を情報や数理的な方法を用い、複合的な視点から教育研究を行います。特に、複雑系やミクロとマクロの中間のメゾスコピック系における現象などに代表される、基礎科学的視点と応用科学的視点が深く関わる新しいタイプの現象に対して、法則・原理の発見、独創的理論の構築、さらには未知の現象の予測など、新たな技術革新の"芽"を生み出すような複合・発展的教育研究を行います。
 21世紀のさらなる高度情報化社会を支えるべく科学技術が発展していくためには、基礎科学的ブレイクスルーが不可欠と考えられています。このような取り組みを推進するためには、数学、物理学の視点に、本来複合的な要素を合わせ持つ情報科学の視点を加え、諸現象の理解や応用への複合的なアプローチについて教育研究を行う必要があります。本専攻では、数学、物理、情報科学分野が相互に協力しうる体制として「現象構造解析講座」、「複合自然構造講座」、「複合情報科学講座」を設け、小規模大学の特性を活かした少人数教育によるマンツーマンのきめ細やかな指導を精神として学問領域を越えた協力による学生指導を行います。

求める学生像

 本専攻では、高度な基礎科学の知識をもち、それに裏打ちされた複合的発展的教育研究がおこなえる能力を持った21世紀型人材の養成を目指しており、以下のような学生を求めます。

  • 自ら新たな問題を発掘し、それを基礎科学的観点から解決しようとする人
  • 新たな発見に対し、批判的検討の中から複合的発展的考察をおこなう人
  • 数学、物理学、情報科学などの基礎科学の素養の上に立って複合的発展的発想を行う能力を育てることの出来る教育者を目指す人
  • 大学、独立法人研究機関、企業の研究所などに於ける以下の研究分野の教育研究および研究開発に従事できる中核的人材及び高度な複合科学的教育指導者を目指す人
    〔IT、ナノテクノロジー関連の研究。量子効果素子、高密度ストレイジ技術などのハイテク基礎技術関連の研究。情報系(暗号、セキュリティなど)技術関連の研究。マルチメディア技術(画像処理、転送技術など)関連の研究。企業の企画・マーケティングに相当する部署の戦略企画。銀行、保険会社等の金融機関で新しい商品モデルの設計。〕



ページの先頭へ