アドミッション・ポリシー:博士前期課程


♦ 人文社会学専攻

入学者選抜の前提となる教育理念

 人文社会学専攻は、歴史学・社会学・地理学などを基盤に、幅広い視野から古代文化・比較史・現代社会・地域環境・メディアについて学ぶことを目的としています。したがって、従来の枠組みにとらわれることなく、関連分野に対しても熱いまなざしを注ぐことができる意欲的な学生を望みます。

求める学生像

 上記の教育理念にもとづき、次のような資質と能力を有する学生を求めます。
・専門分野に関する基礎的知識
・資料・史料や文献を読み解くための語学力
・調査・分析、フィールドワークなどを行うための研究方法に関する経験・知識
・調査結果や文献などを適切に分析し、論理的に説明する能力
・学部での学修・研究を基盤とした明確な研究展望
・社会生活に根ざした真摯な問題意識
・大学院における研究を広く社会に還元する意欲

入学者選抜の方法

 コースごとに、一般入試、社会人特別入試、留学生特別入試を実施します。大学院で学ぶために必要な専門知識や研究を計画し実施する能力を測るために、筆記試験と口述試験を行って選抜します。


♦ 言語文化学専攻

入学者選抜の前提となる教育理念

 言語文化学専攻には研究対象や方法など多彩な専攻分野の教員が集っています。このメリットを活かして、例えば、写本を一字一字丹念に読む演習とコンピュータによる電子テクスト分析のように一見すると離れた二つの科目を共に履修したり、近代国文学を専攻しつつ、フランス文学理論をあわせて学ぶなど、自分の研究テーマをしっかりと持ち、かつ広い視野に立って、幅広い研究対象にチャレンジする学生を求めます。

求める学生像

 上記の教育理念にもとづき、次のような資質と能力を有する学生を求めます。
・専門分野に関する基礎的知識
・資料や文献を読み解くための語学力
・調査結果や文献などを適切に分析し、論理的に説明する能力
・学部での学修・研究を基盤とした明確な研究展望
・社会生活に根ざした真摯な問題意識
・大学院における研究を社会に還元する意欲

入学者選抜の方法

 コースごとに、一般入試、社会人特別入試、留学生特別入試を実施します。大学院で学ぶために必要な専門知識や研究を計画し実施する能力を測るために、筆記試験と口述試験を行って選抜します。


♦ 人間科学専攻

入学者選抜の前提となる教育理念

 人間科学専攻は、哲学・思想、教育学、心理学、音楽、身体文化学等の研究を通して、人間と人間の行動について広い視野から深く学ぶことを目的としています。教育学・人間学コースでは人間形成と人間存在に関わる幅広い事象について、心理学コースでは人間の心と行動の諸問題について、理論と実践の両方を視野に入れて高度な教育・研究を行います。

求める学生像

 上記の教育理念にもとづき、次のような資質と能力を有する学生を求めます。
・専門分野に関する基礎的知識
・資料や文献を読み解くための語学力
・資料の分析、実験や観察、フィールド調査などの研究方法に関する知識と能力
・調査結果や文献などを適切に分析し、論理的に説明する能力
・学部での学修・研究を基盤とした明確な研究展望
・社会生活に根ざした真摯な問題意識
・大学院における研究を社会に還元する意欲

入学者選抜の方法

 コースごとに、一般入試、社会人特別入試、留学生特別入試を実施します。大学院で学ぶために必要な専門知識や研究を計画し実施する能力を測るために、筆記試験と口述試験を行って選抜します。


♦ 食物栄養学専攻

学位授与の前提となる教育理念

 本専攻は、病気を予防し、健康を維持・増進する食生活を実現するために、現代の食に関わる多様な問題について研究・教育することを目的とします。したがって、広い視野に立ちこの分野に対する意欲的な研究マインドを持つ学生を望みます。

求める学生像

・一定の科学的知識を備えている
・食物栄養学において将来の科学的展望を切り開いていこうとする意欲がある
・科学論文を理解する語学力と読解力がある

入学者選抜の方法

 大学院で学ぶために必要な専門知識や研究を計画し実施する能力があるか測るために、筆記試験と口述試験を行って選抜します。


♦ 心身健康学専攻

学位授与の前提となる教育理念

 生活環境、生活習慣が生体機能に及ぼす影響について学び、健康で安全な生活の創造に役立つ知識と技能を身につけた人材を育成します。研究・教育を通じて科学的で論理的な考え方を身につけた応用力の高い人材の育成を行ないます。

求める学生像

 生活環境や生活習慣と生体機能との関連について興味を持ち、意欲的に学び、研究したいと希望する学生を求めます。生体機能に関する高度な研究や教育に対応するために、自然科学的な基礎知識、特に生理学、生化学、神経科学等の知識を身につけていることが望ましいですが、強い興味と高い意欲があれば、これは必ずしも必須ではありません。専門分野に関する知識を取り込むことや自らの研究を世界に発信するためには一定以上の英語の能力が必要です。

入学者選抜の方法

 コースで設定した専門科目、英語、面接の成績に基づき総合的に判断して合格者を決定します。


♦ 情報衣環境学専攻

学位授与の前提となる教育理念

 情報衣環境学専攻は次の3点を基本理念の柱とします。衣の観点から快適・健康・安全で質の高い生活環境を創り出すために必要な新しい技術開発や諸問題の研究に取り組める指導的人材を育成すること。そして、現代社会のICT環境を構成しつつあるライフ・コンピューティングの観点から生活環境を改善する技術を開発し社会に発信できる人材を育成すること。さらに双方の融合した先端学際領域で活躍できる人材を育成すること。これらの理念を実現するために、衣環境学コースおよび生活情報通信科学コースにおいて、多岐多様な分野に関する最先端の研究教育を行っています。

求める学生像

 本専攻は衣環境学と生活情報通信科学を軸とする生活環境科学の多様な教育研究を行っています。従来の科目区分の枠に収まらない学際的な研究分野に興味を持ち、安全で快適な衣環境設計やライフ・コンピューティングの展開に積極的に関わる意欲のある学生を歓迎します。専門分野の研究を十分に行うために英語の能力も必要です。以上の点に関して十分な知識を習得していることを期待します。更に6年一貫で進学する学生に期待します。

入学者選抜の方法

 コース毎に入学試験科目を設定し、その成績に基づき総合的に判断して合格者を決定します。


♦ 生活工学共同専攻

 本専攻では、安全・安心で豊かな未来の社会・生活を創造すべく、人間生活における諸課題を柔軟に捉え、生活に根ざした生活者の視点を工学手法に融合させることで研究を展開できる能力を有する女性人材の育成を目的とする。そのために、生活に関連する諸課題を生活者の視点に立ち、工学諸分野の基礎から応用までを幅広く学ぶことで、新たな分野である生活工学を創出することを目指した教育研究を展開する。
 上記を踏まえ、生活工学共同専攻博士前期課程では、以下の学生を広く求める。
・人間と生活環境に関わる現実的諸課題に強い関心を有し、生活工学的視点をもって課題解決に取り組む意欲・能力があること。
・研究成果の提案・還元を通じて社会貢献する高い志を有すること。


♦ 住環境学専攻

学位授与の前提となる教育理念

 住環境学専攻では、人間の日常的な生活環境から地球環境に関わる諸問題を、生活の視点から総合的に捉えて、問題を解決する能力を養うとともに、社会が求めている安全で安心できる住まい、かつ快適で魅力的な住環境という要請に応えて、計画・設計を創造提案し、それらを維持・管理できる高度な専門的知識を備えた人材を育成することを教育理念としています。そのために住環境および建物に関わる多面的な研究領域を生活者の視点から考察し、社会で実践的に役立つ高度な専門的知識を備えることを目指す学生を歓迎します。

求める学生像

 上記の教育理念にもとづき、次のような資質や能力がある学生を求めます。
・専門分野に関する基礎知識
・住居の内外での生活や住環境のあり方を考える問題意識
・さまざまな生活を容れる居住空間や住環境を計画・デザインすることへの強い関心
・専門領域において課題・問題を見出し解決する能力
・調査・分析、実験、フィールドワークなどを行う研究方法に関する経験や知識
・大学院における研究を広く社会に還元する意欲

入学者選抜の方法

 一般入試、社会人特別入試、留学生特別入試を実施します。大学院で学ぶために必要な専門知識や研究を計画し遂行する能力を測るために、筆記試験と口述試験を行って選抜します。


♦ 生活文化学専攻

学位授与の前提となる教育理念

 男女共同参画、環境保護、高齢化、少子化など、現代の生活に関わる課題は極めて多様です。本専攻では社会科学と人文科学にまたがる教育カリキュラムを用意し、身近なところから問題を掘り起こす課題発見能力、諸問題の複雑な相互連関まで含めて明らかにする論理的分析力、研究を現実社会への提言に結びつけることのできる応用力をあわせ持った、真に社会に貢献できる人材の育成に努めます。

求める学生像

・家庭生活を中心とする人間的スケールから生活環境のあり方を考えるということに、強い興味と関心を持つ学生を求めています。
・社会科学、人文科学の分析視角を創造的に融合させることによって、身近な「世界」の中に、新たな認識・知識を発見していくことに対して意欲的な学生を、文系・理系を問わず歓迎します。

入学者選抜の方法

 出願資格の違いによって一般選抜、社会人選抜、外国人留学生特別選抜の3つの募集形態があります。それぞれ筆記試験と口述試験があり、研究計画の妥当性とその遂行能力を総合して入学者を選抜します。また、生活環境学部生活文化学科から6年一貫教育プログラムによって入学する道もあります。


♦ 数物科学専攻

入学者選抜の前提となる教育理念

 数物科学専攻は、社会のグローバル化、価値観の多様化、予測不能な自然・社会現象に対応できる広い視野と多様な価値観を持ち、高い水準の数学と物理学の専門知識を備えるとともに、その知識を社会の中で自らが置かれた立場に応じて継承し発展させることができる人材を育成することを目的としています。この目的に沿って、本専攻では、数学コース、物理学コースおよび数物連携コースの三つのコースを設けています。数学コースでは自然科学の知識と応用を背景に、高度な数学的思考力を涵養し、諸現象の中に潜む数学的構造を究明し、合理的に問題を解決できる人材を、物理学コースでは、宇宙から極微の世界にわたる様々な自然現象を理解するための知識と物理的思考法に加え、最先端の研究に関わる計算・計測技術を活用し、現代の高度化した科学技術の幅広い分野で活躍できる人材を、数物連携コースでは、高度な数学、物理学、情報科学の連携教育を行なうことで、幅広い問題解決力を有した人材を育成することを目指します。

求める学生像

 世の中にはさまざまな自然現象や社会現象が存在しますが、そのような現象の中に隠れている原理について強い好奇心を持ち、それに対して理論的あるいは実験的につきつめて明らかにしようとする探究心や個性的な発想をもつ意欲的な学生を求めます。

入学者選抜の方法

 上記のような人を多様な方法で受け入れるために、筆記試験と口述試験による一般選抜試験や口述試験のみによる推薦選抜試験、さらには社会人や留学生を対象とした特別選抜試験を実施しています。


♦ 化学生物環境学専攻

入学者選抜の前提となる教育理念

 化学生物環境学専攻では、化学、生物、環境科学の学問領域が連携した研究・教育活動を推進し、物質や生物およびそれらを取り巻く自然環境を総合的にとらえることができる広い視野と正しい倫理観、正確な知識、論理的思考能力をもち、自発的かつ協調的に問題の発掘と解決に取り組むことのできる理系女性人材の育成を目指します。

求める学生像

 化学生物環境学専攻では、自然科学全般に興味を持ち、所属するコースで高度に専門的で実践的な研究教育を通して専門知識を修得し、自ら問題点を発掘して思考し解決する能力を身につけ、将来は社会において広く活躍する意欲のある学生の入学を求めます。そのためには、大学の学部において数学や自然科学、あるいは工学や農学など理系の基礎および専門知識を修得していること、実験や実習、演習、卒業研究やセミナーなどを通して問題発掘とその解決に向けた取り組みについて経験を積んでいることが必要です。最先端の科学を研究する上で英語は必要不可欠ですので、英語について十分な能力を備えていることを望みます。また、論理的な日本語で表現するためのコミュニケーション能力も必要です。

入学者選抜の方法

 入試は、推薦選抜、一般選抜、社会人特別選抜、外国人留学生特別選抜により行っています。筆記試験、口述試験、あるいは英語(TOEICないしTOEFL)などの個別学力検査を課し、幅広い分野から学生を受け入れています。




21世紀COEプログラム

「魅力ある大学院教育」イニシアティブ

ポストドクター・キャリア開発事業

ポストドクター・キャリア開発事業

↑ TOP