ディプロマ・ポリシー:博士前期課程


♦ 人文社会学専攻

学位の前提となる教育理念

 人文社会学専攻は、歴史・社会・文化・自然・地域などの諸分野を対象とした各専門領域を深めるとともに、学際的に諸問題を探求できる人材を育成します。本専攻では、古代文化学、歴史学、社会情報学、地域環境学、文化メディア学の各コースが有機的に連携して、社会科学や人文科学、さらに自然科学に及ぶ多彩な研究教育を行っています。各コースに共通することとして、明確な問題意識に基づいて課題を設定し、その課題に主体的・積極的に取り組む意欲と努力が求められます。

身につけるべき力

・多様な資料・史料を活用し、幅広い知識と視野を習得するための語学・読解能力
・変貌する社会・文化に対する批判的な観察力と的確な分析力
・他者と議論し知見を深めるための実践的なコミュニケーション能力

学位授与の要件

 上記の資質・能力を身につけ、所定の期間在学して所定の単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けたうえで修士論文の審査に合格した学生に修士(文学、学術のいずれか)の学位を授与します。


♦ 言語文化学専攻

学位の前提となる教育理念

 言語文化学専攻は、急速に変化する国際情勢のもとで、教育現場や国際交流の現場において、他職種とも協働しながら豊かな教養と専門性を持って活躍できる人材を育成することを目的としています。本専攻の日本アジア言語文化学コース、ヨーロッパ・アメリカ言語文化学コースでは、言語と文学を研究対象の中心に据え、それに密接に関連する文化の諸現象全般にも注意をはらいつつ、課題を確実に把握し、その上に立って、より大きな展望にいたることを目指します。

身につけるべき力

・文献資料の読み解きを通して培われる、現実に対する確かな認識と判断力
・人間のコミュニケーションへの理解に根ざした、高度な言語運用能力
・対象を的確に把握し、そこから得られた知見を自ら社会に発信する力

学位授与の要件

 上記の資質・能力を身につけ、所定の期間在学して所定の単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けたうえで修士論文の審査に合格した学生に修士(文学、学術のいずれか)の学位を授与します。


♦ 人間科学専攻

学位の前提となる教育理念

 人間科学専攻は、人間の諸行動や諸活動について高度な教育と研究を行い、理論と実践の両面から専門性を深め、研究を通して社会に貢献する人材を育成することを目的としています。本専攻では、教育学・人間学コース、心理学コースの2コースが連携して、哲学・思想、教育学、心理学、音楽、身体文化学等の研究を通して専門性を深め、教育や支援の現場における実践や応用の視座も有しながら、人間の存在と形成、行動について広い視野から深く総合的に学びます。

身につけるべき力

・社会や人間のあり方そのものを自覚的に問い直すための課題発見力と高度な分析力
・新しい社会と文化を構想し実現する創造的で実践的な行動力
・他者と協働して問題解決にあたるためのリーダーシップ

学位授与の要件

 上記の資質・能力を身につけ、所定の期間在学して所定の単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けたうえで修士論文の審査に合格した学生に修士(文学、学術のいずれか)の学位を授与します。


♦ 食物栄養学専攻

学位の前提となる教育理念

 食物栄養学専攻は、食物栄養学分野において、幅広い知識と高度な研究能力、技術を備え、高度職業人として社会に貢献する人材を養成します。

身につけるべき力

・生涯にわたり広い視野に立って食物栄養学に関する知識を探求するための論理的思考力
・変化する食環境に対応して問題点を拾い上げる的確な分析力
・問題解決のための科学的議論に参画できる実践的コミュニケーション能力

学位授与の要件

 上記の資質・能力を身に付け、所定の期間在学してカリキュラム・ポリシーに沿って設定された授業科目について所定の単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けたうえで修士論文の審査に合格した学生に修士(学術、生活環境学、家政学のいずれか)の学位を授与します。


♦ 心身健康学専攻

学位の前提となる教育理念

 こころと身体の健康と人間を取り巻く環境との相互作用についての専門的な知識や技能を身につけ、健康や生活のあり方について考え、よりよい生き方や環境のあり方を提案することにより社会に貢献できる人材を育成します。

身につけるべき力

・こころと身体の健康について、専門的な知識を身につけている。
・専門分野での研究を推進するための科学的・論理的思考と方法論を身につけ、実践できる能力を身につけている。

学位授与の要件

 上記の資質を身に着け、所定の期間在学し、所定の単位を習得し、かつ必要な研究指導を受けたうえで修士論文の審査に合格した学生に修士(学術、生活環境学、家政学のいずれか)の学位を授与します。


♦ 情報衣環境学専攻

学位の前提となる教育理念

 情報衣環境学専攻では、衣の観点から快適・健康・安全で質の高い生活環境を創り出すために必要な新しい技術開発や諸問題の研究に取り組める指導的人材と、現代社会のICT環境を構成しつつあるライフ・コンピューティングの観点から生活環境を改善する技術を開発し社会に発信できる人材、さらに双方の融合した先端学際領域で活躍できる人材を育成することを目的にしています。本専攻では、衣環境学コースと生活情報通信科学コースが有機的に連携して、明確な問題意識に基づいて課題を設定し、その課題に主体的・積極的に取り組む意欲が求められます。

身につけるべき力

・各コースで指定する高度な基礎学力
・問題発見と解決能力
・解決した課題を社会に還元する能力
・社会で貢献するためのコミュニケーション能力

学位授与の要件

 所定の年限以上在学し、カリキュラム・ポリシーに沿って設定された授業科目について所定の単位を修得し、コースごとに示す形式的要件を満たすことが課程修了の基準となります。
 上記の資質・能力を身につけ、所定の期間在学して所定の単位を修得し、かつ修士論文の審査に合格した学生に修士(学術、生活環境学、家政学のいずれか)の学位を授与します。


♦ 生活工学共同専攻

 生活工学の意義を理解し、各研究分野で求められる理工系学力、専門知識、ならびに研究能力を身につけていることが課程修了に必要である。本共同専攻博士前期課程に2年以上在学し、共同専攻によって規定された履修要件のもと所定単位を修得し、かつ、複数教員による必要な研究指導を受けた上で、修士論文の研究成果の審査及び最終試験に合格することが学位授与の要件である。なお、本専攻では、修士(生活工学、工学、学術)の学位が取得できる。


♦ 住環境学専攻

学位の前提となる教育理念

 住環境学専攻は、日常的な生活から地球環境に関わる諸問題を生活者の視点から総合的に捉え、住宅から都市にいたる多様な環境と人間生活のあるべき関係に配慮した住環境の構築と管理運営に関する高度で幅の広い知識と技能を有する専門職、研究職を養成します。そのために本専攻では、社会科学的方法を援用する住居論をはじめ、政策論、環境工学、構造工学、デザイン論などの多様な方法を用いた幅広い教育・研究を実施します。学生は、明確な問題意識に基づく課題設定を行い、その課題に主体的・積極的に取り組む意欲と努力が求められます。

身につけるべき力

・生活環境から地球環境にいたる広い視野と教養
・安全・安心で快適な住環境の構築と運営管理に関する幅広い知識と技能
・高度な専門職として活動するための課題解決能力と企画提案・遂行力

学位授与の要件

 上述の資質・能力を身につけ、所定の年限以上在学し、所要の単位以上を修得し、複数の教員による指導のもとでとりまとめた修士論文もしくは修士設計を作成し、修士論文または修士設計の発表会で発表し、審査に合格した学生に修士(学術、生活環境学、家政学のいずれか)の学位を授与します。


♦ 生活文化学専攻

学位の前提となる教育理念

 現代社会を取巻く諸問題に対して、生活文化という視点から課題を発見し、解決できる広い視野と専門的スキルの両者を兼ね備えることが課程修了の基準となります。

身につけるべき力

・高いレベルの専門的知識及びそれらを体系化する論理性を身につける。
・問題を発見し、その解決に向けた取り組みを修士論文としてまとめる能力を身につける。
・習得した分野横断的諸能力を、博士後期課程に進学して役立て、また社会の中で役立てる際に必要となるプレゼンテーション能力を身につける。

学位授与の要件

 所定の在学期間在学し、授業科目の履修を通じて上記の資質・能力を身につけ、生活文化学専攻の定める修了要件を修め、修士学位請求論文の審査を受け、合格した者に修士(学術、生活環境学、家政学のいずれか)の学位を授与します。


♦ 数物科学専攻

学位の前提となる教育理念

 数物科学専攻は、数学と物理学の高度な教育を通じて、高い水準の数学と物理学の専門知識を備えるとともに、社会のグローバル化、価値観の多様化、予測不能な自然・社会現象に対応できる広い視野と多様な価値観を持ち、高度化した社会の中で、国際的に活躍できる人材を育成することを目的としています。

身につけるべき力

 本専攻で学ぶことにより、下記のような素養・能力を身につけることを目指します。
・数学や物理学に関する専門的な知識とそれらを応用・実践する力
・高度な専門知識や問題解決能力を社会で役立てるために必要な情報発信力
・自然科学の知識を背景に、諸現象に内包される問題を発掘し、それらを合理的に解決できる数学的能力
・現代の高度化した科学技術の様々な分野の発展に貢献する能力
・数学と物理学および情報科学のバランスのとれた理解力に基づき、幅広い自然現象・社会現象に適用可能な問題解決力

学位授与の要件

 数学と物理学の連携により本専攻が提供するカリキュラムにより、所定の単位を修得のうえ、上記のような素養・能力を複合的に身につけた学生に修士(理学、学術のいずれか)の学位を授与します。


♦ 化学生物環境学専攻

学位の前提となる教育理念

 化学生物環境学専攻は、基礎から先端に至る研究教育の実践を通して、物質や生物、およびそれらをとりまく自然環境を総合的に捉え、急速に変化しながら多様性を増す現代社会の理系分野において活躍できる人材の育成を目指しています。

身につけるべき力

 本専攻で学ぶことにより、下記のような素養・能力を身につけることを目標としています。
・化学、生物科学、または環境科学に関する専門的な知識と経験に基づいた研究能力
・広範な学問体系を基盤に高い視点から全体を俯瞰し、既成概念や手法に捉われることなく、自ら課題を見出して解決する能力
・様々な情報を収集し、正確な知識に基づいて論理的に考察する思考力
・専門的な内容を、同分野のみならず異分野や視点の異なる他者にわかりやすく伝えるコミュニケーション能力

学位授与の要件

 所定の単位を修得し、上記の能力を複合的に修得した学生に修士(理学、学術のいずれか)の学位を授与します。




●修士論文の評価基準

 修士論文審査は、博士前期課程において自ら行った研究を主たる内容として、当該の研究分野におけ・骭、究成果を含んでいるか、あるいは、修学の成果を示す適切な総合報告を含んでいると評価できる論文を対象とする。修士論文の審査においては、次の点を考慮しながら評価を行う。

  1. 研究の目的と意義が明確に設定され、適切な研究方法が選択されていること。
  2. 先行研究が適切に検討・吟味されていること。
  3. 論文構成・論旨展開が妥当であること。
  4. 主張に独創性があること。
  5. 文章表現が妥当で、引用等が適切になされ、論文としての体裁が整っていること。


21世紀COEプログラム

「魅力ある大学院教育」イニシアティブ

ポストドクター・キャリア開発事業

ポストドクター・キャリア開発事業

↑ TOP