再チャレンジ型女性研究者支援制度


 博士号未取得者のうち、本学又は他大学の大学院博士後期課程に休学期間を除き1年(長期履修学生の場合は1年相当期間)以上在学し、ライフイベント等(結婚、出産、子育て、親族の介護・死亡、就職・転職、病気等)により退学した者を対象として、課程博士の取得を促進する制度(「再チャレンジ型女性研究者支援制度」)を平成31年度入学者から導入しています。

 再チャレンジ型女性研究者支援制度により入学する者については、入学料を徴収しません。また、入学前の既修得単位認定の上限は10単位とします。

 なお、再チャレンジ型女性研究者支援制度の申請並びに審査結果は、入学者選抜試験の合否に影響するものではありません。

 再チャレンジ型女性研究者支援制度の申請方法等、詳細はこちらです。
再チャレンジ型女性研究者支援制度


博士前期課程修了者博士号取得支援制度


 奈良女子大学大学院博士前期課程(又は修士課程)を修了し、1年以上の社会経験を経た者の、本学博士後期課程入学と博士号取得を支援するため、入学料を徴収しない制度を令和2年度入学者から導入しています。

 博士前期課程修了者博士号取得支援制度の申請方法等はこちらです。

 なお、博士前期課程修了者博士号取得支援制度の申請並びに審査結果は、入学者選抜試験の合否に影響するものではありません。



↑ TOP