大学院人間文化研究科トップページ 基本理念 研究科長挨拶 入試情報 学位取得 取得できる資格 進路状況 English

専攻の紹介


生活文化学専攻 【博士前期課程】

担当教員情報はこちら  


豊かで安定した生活を希求する人間の文化的・社会的特性と生活環境との関連を研究・教育することを目的とします。

【専攻の概要】
 本専攻は,旧人間環境学専攻生活文化学コース,生活経営福祉学コースを統合して設置されました。両コースにおける研究・教育の主題は相互に重なりを持っており,この統合によって文系の生活学領域を担う唯一の専攻となりました。生活環境学部における生活文化学科での研究・教育内容をさらに発展・深化させ,より高度な研究能力と知識をもつ人材の養成を目指しています。

研究指導について
 主な授業科目をみればわかるように,社会学(家族、ジェンダー、福祉など),経済学(消費,生活領域),文化人類学,社会心理学,歴史学,法学など多彩な学問領域に広がっています。本専攻では複数指導教員制を採っていますので,主任指導教員と履修計画をよく相談してください。以下には履修モデルの一例を示しますが,是非,本専攻の多彩性を活かして自由に構想してください。

修了生の進路について
 修了生の進路としては,国家・地方公務員などの行政領域(一般行政職、教員、家裁調査官等),地域団体での女性リーダー,各種企業の企画・消費者・福祉部門,シンクタンクなどへの進出が期待されます。後期課程に進学して大学・短大・研究所などの教員や研究者を目指す人も多数います。
 豊かで安定した生活を希求する人間の文化的・社会的特性と生活環境との関連を研究・教育することを目的とします。

生活環境学部の紹介ページ
 
  • 生活文化モデルコース
  •  人と人の関係,人とモノとの関係,この両者をくるむ文化や環境との関係を,わたしたちの日々の暮らしの視点から考え,研究を進めます。日常的な生活の営みの結果として現れる各種の人間関係・技能・工芸・美術・環境などを,またこれらを規定している文化や社会規範を研究対象としつつ,方法論的には比較文化史,風俗文化(史)学,文化人類学,社会学,社会心理学など,多様で総合的なアプローチを組み合わせて展開します。家族関係やジェンダー,学校・地域・職場等における人間関係,あるいは様々な国における人間関係,生老病死にまつわる儀礼・様式ならびに社会によるそれらの意味づけや取り扱い方,人々の喜び・葛藤・苦悩,地域的・時代的な特徴を比較解明する服飾文化といった具体的な切り口を始め,さらにスローライフの生活哲学など,グローバルな生活文化までを扱います。

    主な科目:
    生活史論,比較人間関係論,比較生活人類学,家族社会学,ジェンダー・家族論,服飾文化論
     
  • 生活システム・モデルコース
  •  私たちは生命というレベルでも生活というレベルでも資源を消費してアウトプットを生み出すオープン・システムとして存在していることは明らかです。この履修モデルでは「消費」をキーワードにして社会科学的方法論を用いて生活管理領域とその福祉のあり方に関して学際的研究を行うコースです。すなわち,生活資源の配分と管理について考究し,生活の豊かさと福祉などの生活課題に対して,個人と社会がどのように関わり合い,運営されていくかについての実態把握と制度的分析を行います。

    主な科目:
    消費行動環境論,消費者法制度論,生活経済システム論,福祉社会学,生活リスク管理論
     

    【教育理念】
     21世紀の社会を取巻く諸問題を生活文化という視点から問題や課題を発見し,解決できる人材を養成することを教育理念としています。
    男女共同参画社会,環境との共生,高齢化社会,少子化などこれからの人間生活に関わる文化的・社会的な具体的諸問題は極めて多様です。本専攻では,社会科学,人文科学の方法を駆使して生活と社会を日常の身近なところから見つめ直し,複雑な相互関連を見極めることができるようにするために,講義・演習・論文作成指導を通じて生活に関わる課題を発見する視点、その問題に接近するための方法などを身につけ,解決策を提示する論理的構想力および応用力を持つ専門性を備えた人材の育成に努めます。

    【求める学生像】
     生活文化学専攻では,問題となる今後のライフスタイルについて,家庭生活を中心とする人間的スケールの環境のあり方に強い興味と関心のある学生を求めています。社会科学,人文科学を具体的な生活文化,生活システムに創造的に適用して,身近な「世界」の新たな認識・知識を得るのに面白みを見出したい学生を,文系・理系を問わず歓迎します。


    さらに研究を続けたい人は:博士後期課程社会生活環境学専攻又は比較文化学専攻



    ページの先頭へ