大学院人間文化研究科トップページ 基本理念 研究科長挨拶 入試情報 学位取得 取得できる資格 進路状況 English

専攻の紹介


化学専攻 【博士前期課程】

担当教員情報はこちら  

 これまでの化学は,より単純な状態にある分子とその集合体としての物質の構造や性質を主として研究してきました。それに対して現在では,より複雑で多様な分子やそれらが複合した状態の中での個々の分子の挙動および複合体そのものの性質の理解へと研究が進展しています。このような化学研究進展の大きな動向に対処するため,本専攻では,分子や物質の構造と反応解析およびその理論など,化学のより基礎的・普遍的分野の教育研究を受け持つ基幹化学コースと,分子や物質が持つ機能性に焦点を当てたより応用的な分野の教育研究を受け持つ機能化学コースの2大コースを設け,互いに連携を保ちながら化学的現象の解明や新機能性分子の創造に挑戦しています。

理学部化学生命環境学科
 
  • 基幹化学コース
  • 化学の根幹をなす無機・有機・物理化学の3研究分野を基本に化学の基礎的かつ普遍的分野を主として担うのが本コースの役割です。ここでは分子や物質の構造と反応性およびそれらの理論的背景など,化学の根幹をなす普遍的な知識の集積を主として行います。また,種々の実験的・理論的手法をより充実・発展させることによって得られる多くの知識を融合しながら,単純なものから複雑なものまでの多種多様な化学物質並びに化学現象を統一的に理解することを目指します。

     
  • 機能化学コース
  • 本コースでは,より複雑な無機・有機分子からなる錯体や高分子,さらに,生体に含まれる多様な分子から構成される複合体などの機能の解明とその応用を主たる目的として研究を進めます。その過程で得られた知識を新たな分子やその複合体の解析に応用します。そして,これまで存在しなかった新機能性分子や新機能性物質の開発をも目指します。また,ここでは生命の分子レベルからの理解や新たな医薬品の開発なども視野に入れ研究を進めます。

     

    【教育理念】
     大学院博士前期課程化学専攻では,学部化学科の教育と連動し,現代化学の専門知識・技術,ならびに各分野の問題に応用可能な問題処理方法論を身につけ,社会の中の科学に関連する種々の分野で活躍できる人間の育成を目指しています。
     さらに,大学院博士後期課程と連携することで,化学の専門分野で専門家としての高い研究能力を身につけ,現代化学の創造に参画し,学術分野及び企業でリーダーシップを発揮できる専門家,高度な知識と技能を生かし社会でリーダーシップを発揮できる職業人,国際的に活躍できる人材の育成を目指しています。

    【求める学生像】
     化学専攻では,学部教育において「化学」の基礎知識と応用力を身につけた学生,「化学」以外の理学・工学系等の学部教育を受けた学生,および,社会人や外国人留学生で,「化学」に対する情熱と意欲をもつ学生の入学を期待しています。
     本専攻で現代化学の専門知識・技術,ならびに各分野の問題に応用可能な問題処理方法論を身につけるためには,化学の基礎知識および専門知識ならびに英語を習得していることが必要ですが,それ以上に,社会の中の科学に関連する種々の分野で活躍したい,また,大学院博士後期課程へも進学して最先端の化学研究に参画したいという意欲のある方々の入学を希望しています。

    【主な授業科目】など

    理学部・化学生命環境学科・化学コース



    ページの先頭へ