七夕コンサートが開催されました。
      

    ----------------------------------------------------------
 平成20年7月12日(土)13時30分より大阪教育大学名誉教授 梁瀬健氏、ソプラノ歌手岡田由美子さん、ピアニスト南木優子さんによるチャリティコンサートが行われました。
 曲目は、前半は「あの歌もモーツァルトだった」と題し、モ−ツァルトの曲による唱歌の数々が、また、その影響を受けた日本の作曲家による唱歌や、日本人に馴染むように訳された歌、情感溢れる日本人作詞作曲による唱歌が披露されました。
 後半は、「名曲を生んだ少女」と題し、乙女の祈りを作曲したポーランドのバダジェフスカの生い立ちが、美しいメロディと共に紹介されました。宵待草や月の砂漠、カナリヤなどの日本の作詞者、作曲者のエピソードも語られました。
 なじみのある唱歌が多かったので、会場一同で声を合わせて歌いました。ここでしか聴けないユニークなすばらしいお話と音楽のひとときでした。

 なお、コンサート収益金を四川直下型大地震、岩手・宮城内陸大地震それぞれの被害地へ復興支援の一助として、日本赤十字社を通じて義援金として送りました。
    ----------------------------------------------------------

当日の風景