寺社めぐり-7-(兵庫支部と共催)
      

−大本山須磨寺を訪ねて一弦琴演奏を聴くを開催しました−

日時:平成21年10月1日
場所:大本山・須磨寺

    -----------------------------------------------------------------------------
 秋天さやかな一日、源平興亡の舞台となった地の古刹須磨寺で一弦琴を聴き、文学をひもとく充実した時を過ごしました。 岩崎尚子さんが手製のA4版カラー11枚の資料「須磨寺近辺文学散歩―碑を訪ねて」を用意され、詳しい解説付きで案内して下さいました。  須磨寺は文人の訪れも多く、良寛句碑、山本周五郎文学碑、子規、放哉句碑、平敦盛と熊谷直実の一騎打ち再現の庭、蕪村句碑に芭蕉句碑と至る所に碑があります。
 また須磨は一弦琴発祥の地であり、源氏物語千年紀に併せて、須磨琴保存会師範の方々五人に演奏して頂きました。在原行平が須磨流謫の折に創始した一弦琴は、一枚の板に一本の弦を張っただけの珍しい作りで、妙なる哀調を帯びた音色が幽玄の世界を醸し出します。百人一首でおなじみの「須磨の関守」、秋の夜の繊細な小宇宙「虫の音」、雅な華やぎに充ちた祝賀の曲「八千代鳥」と伝統の調べにのせて謳いもすずやかに響きわたります。次いで敦盛を偲ぶ「青葉の笛」の演奏に一同唱和して愉しみました。締め括りの体験入門では、十二の音階や「さくら」の曲を丁寧にご指導下さり、すっかり一弦琴に魅了され、いつまでも余韻を惜しむ会となりました。
    ------------------------------------------------------------------------------

当日の風景