第14回佐保塾史跡巡り 近江八景めぐり 
      

−「第14回佐保塾史跡巡り 近江八景めぐり」を開催しました。−

--------------------------------------------------------------------------------
 平成25年10月9日(水)、奈良女子大学同窓会佐保会滋賀支部との共催で「第14回佐保塾史跡巡り 近江八景めぐり」を“る(見る)る(知る)む(楽しむ)”として開催しました。 奈良をはじめ京都、大阪、兵庫の各支部会員と一般市民を含む53人が参加されました。
“粟津の晴嵐”といわれた旧東海道を走り、八景の最南端にある石山寺に詣で、紫式部も眺めたであろう“石山の名月”を青い空に思い浮かべました。“勢多の夕照”で名高い瀬田川の中の島にある料亭「あみ定」で“瀬田川の四季彩弁当”をいただいた後、 “矢橋の帰帆” はガイドさんからの説明で当時に思いを馳せました。
大津市立歴史博物館見学後、南隣の三井寺まで歩き、光浄院の客殿で、国宝の狩野山楽の障壁画を前にして、執事長 福家俊彦氏の講話を拝聴し、“三井の晩鐘”も聞くことが出来ました。
“唐崎の夜雨”唐崎を経て、堅田の満月寺浮御堂へ、対岸の近江富士(三上山)を遠望し、“堅田の落雁”を思い描きました。 また、琵琶湖の西岸にそって連なる比良連峰の“比良の暮雪”を想像しながら、堅田駅で“るるむ”を終えました。
この日は、前日からの台風24号が温帯低気圧に変わっていたものの、天気の変化の激しい一日でしたが、散策する時間には秋晴れの空になり、風雨の不安も忘れ、事故もなく午後4時頃に散会しました。 これをきっかけにゆっくりと近江八景を巡ってみたいという方もおられました。
--------------------------------------------------------------------------------

当日の風景




当日のポスターはこちら