第15回佐保塾 寺社めぐり(京都支部と共催) 
        「高台寺・圓徳院・掌美術館 と 京料理」を開催しました
   

開催日:平成26年10月29日(水)

------------------------------------------------------------------------------------------

 奈良女子大学同窓会佐保会京都支部との共催で、紅葉の始まった京都東山に位置する高台寺・圓徳院・

高台寺掌美術館を訪れ、文化遺産の一つの和食、京料理を味わいました。各支部から集まった52名の参加

者は、秋の穏やかな日差しの中で、豊臣秀吉・ねねの時代の文化とその時代に生きた人のこころに想いを馳

せました。特に高台寺では、執事長 後藤典生師の法話を拝聴し、そこでは、戦いの日々にあっても秀吉・ね

ね、それぞれの「人を思いやるこころ」を、二人の人となりのエピソードから説いていただきました。そして今の

時代に生きる私たちに、「今」を大事に生きることの大切さを、笑いと感動を呼びおこさせながら教えてくださ

いました。さらに圓徳院、掌美術館の拝観につづき、掌美術館では、副館長 田川真千子氏(佐保会員)の解

説をいただくとともに、秀吉・ねねの時代の文化に触れることで、私たちが「今、生かされている」意味を深く感

じ取ることができました。その後の京料理は格別でした。青空に映える高台寺・圓徳院、両庭園の赤と緑の

コントラストが美しく、やさしい日差しと人の心のぬくもりを感じながら、会員同士のより深い絆と社会へのか

かわりの必要性を互いに感じ取った佐保塾でした。

------------------------------------------------------------------------------------------

当日の風景



当日のポスターはこちら