第17回佐保塾 史跡めぐり(佐保会兵庫支部共催) 

『日本三古湯 有馬温泉の歴史散策ー泉源と紅葉を訪ねてー』を開催しました。

   

 今回の佐保塾は京都や大阪、奈良からの佐保会員7名を含む45名が、紅葉が美しい有馬温泉の泉源と

史跡をめぐりました。  有馬温泉は神戸市にありながら山深く、六甲山地北側の山峡にある温泉で、古く奈

良時代から名湯として知られています。  温泉は海水よりも塩分濃度が高く、泉質は塩分と鉄分を含む褐色

の含鉄塩化物泉とラジウムを含む放射能泉、炭酸を含む炭酸水素塩泉の3種類があります。いずれも湧出

口では透明ですが、空気に触れ着色する含鉄塩化物泉(赤湯)は「金泉」と呼ばれ、それ以外の透明な湯は

「銀泉」と呼ばれています。泉源の多くは金泉で、外傷や皮膚疾患に効果があり、昔は療養目的の温泉で

した。  有馬は昔から地震や洪水に何度も見舞われ、その都度復興を繰り返してきました。「行基上人」、「仁

西上人」、「豊臣秀吉」は有馬温泉の復興と発展に寄与した三恩人といわれています。東大寺・大仏の造立

に尽力した行基上人は衰退していた有馬を再興し、温泉寺等を建立。仁西上人は平安時代に洪水で荒廃し

た有馬を再興。豊臣秀吉は戦火などで荒廃した有馬の再興のため、手厚い保護と援助を行いました。  現

在は近代的な大型の観光ホテルが立ち並んでいますが、街中へ入ると古い家並みが残されており、あちこち

に泉源や史跡が点在しています。  散策はボランティアガイドのもと、ねね橋からスタートしました。善福寺か

ら昔ながらの格子戸が並ぶ湯本坂を上り、本温泉として親しまれている金泉の外湯「金の湯」。金泉が噴出

する御所泉源。泉源は塩分と鉄分の影響で井戸の廻りが変色しています。行基上人が薬師堂を創建した温

泉寺。途中、○○坊という名の旅館をよく目にします。これは仁西上人が薬師如来を守護する12神将にちな

んで12の宿坊を開き、旅人や病人を収容したことに由来するそうです。続いて阪神淡路大震災で庫裏が被

災した極楽寺。庫裏建替えの折に400年ぶりに発見された秀吉の湯山御殿遺構(岩風呂・蒸し風呂)を保存

する資料館、太閤の湯殿館。当時の温泉は、今で言うサウナで、蒸気を小屋の中に引いて温まっていたそう

です。また温泉での滞在は20日間に及ぶほど長く、秀吉は有馬に別荘もつくっていました。別荘の石積みが

今でも残っています。戦で疲れた心身を癒すと同時に、茶会を催すなど有力武将の接待にも使用していたよ

うです。ねねの別邸跡と伝えられ、樹齢280年余の沙羅双樹(ナツツバキ)がある念仏寺。湯殿館の裏側に

ある極楽泉源。住宅のすぐ隣に泉源があることに驚きました。「金の湯」と共に気軽に楽しめる銀泉の外湯

「銀の湯」。最後に天神社の境内から湯けむりが立ち上がる天神泉源を見学。また、有馬特産の竹を使った

有馬籠や有馬人形筆を製作している店も訪ねました。  2時間ほどの散策を通じて、有馬温泉がいつの時代

にも人々に愛されてきた「癒しの場」であるということが再認識できました。

(共催 一般社団法人 佐保会・佐保会兵庫県支部)

当日の風景