平成29年 佐保会卒業生歓送会
      

平成28年度佐保会卒業生歓送会を開催しました。

日  時  平成29年3月24日(金)奈良女子大学学部卒業式終了後

場  所  講堂

-------------------------------------------------------------------------------------

・祝   辞   松尾欣枝 理事長 

・歓送の辞   角野京子氏

  角野京子氏プロフィール
  1976(S51)年 奈良女子大学 理学部 化学科卒業
  高等学校の化学科教師として勤務、その後、塾講師
  2002(H14)年から 大阪家庭裁判所 調停委員
  佐保会大阪支部で会計係、径(こみち)句会の世話役として活躍中


明るく透き通るような陽射しを受けた早春の佳き日、希望と期待に胸を膨らませた卒業生の歓送会が

開催されました。

松尾欣枝理事長は、講堂の緞帳「爛漫」の原画を制作した先輩 小倉遊亀画伯の言葉を紹介し、緞帳

に描かれた古木に咲く桜のように「忍耐力」と「充分な力を出し切る自信」を培ってほしいと、祝意を述

べました。

歓送の辞で角野京子氏は、自らの“歴史と静かな自然環境のもとで学んだ喜びと経験”を思い起し、

三つのエールを送りました。1)何事もチャンスと捉えて取り組もう 2)趣味を持って豊かな人間性を養おう

3)「春楡」の木を例に、社会に深く根を下ろし、周囲と調和・共存するやさしさを持とう と激励しました。

学び舎を去る皆さんからは「このスバラシイ環境で学ぶことができたことに感謝している」という声が

聴こえてきました。

卒業生のこれからの活躍が期待される一日でした。

  -------------------------------------------------------------------------------------

当日の風景