講談公演会を開催しました

   春の独演会 at 母校
         〜 夢はめぐりめぐりて 〜

講談師  旭堂 南照 氏
      (奈良女子大学 文学部卒)


日 時  平成30年4月7日(土)13:30〜15:00(開場13:00)
会 場  佐保会館2階(奈良女子大学構内)
演 題  「ミチコ先生とマーマレードと対馬丸」
     「黒雲の辰 夢の浮橋」



-------------------------------------------------------------------------------------
 葉桜の頃を迎えようとしているとき、佐保会館玄関横のなごりのさくらが、この時を歓ぶかのように花開き、佐保会館は明るい陽射しに包まれました。旭堂南照氏(佐保会員)の聴き取りやすい艶やかな声に、会場は次第に講談の世界に誘われました。
 まず、今に至った経緯を、笑いを招くエピソードも交えて話され、南照氏の講談への想いと熱意が伝わってきました。その厚い想いを感じるなか、演者の小学校時代の恩師 ミチコ先生とのつながりをもとにして生まれた「ご自身の力作」からは、平穏な日々への感謝を強く感じました。こうして講談の世界に浸った後は、アクティブラーニング「講談の発声練習」。この体験からは一層楽しさを実感し、気分はさらに講談の世界へ。そして古典講談へと続きました。

 座席の埋め尽くされた会場では、参加者全員、巧みなプログラム構成に「南照ワールド」へと誘われ、光に輝くさくらの花のように、つかの間の「講談の世界」に酔いしれました。
-------------------------------------------------------------------------------------

 

当日の風景

     

     




当日のポスター





 
当日のプログラム    詳しくはこちら