理事会・総会の開催

理事会・総会の開催

・理事会:
理事会は必要のつど招集し、次の事項を行う。
     1.総会の議案の立案及び議決事項の執行
     2.事業計画、収支予算案及び事業報告、収支決算書の調査
     3.その他この法人の事業に関し理事において必要と認めた事項

・総 会:
総会をこの法人の最高議決機関とし、通常総会及び臨時総会とする。通常総会は毎年九月にこれを招集する。臨時総会は必要がある場合に開催する。
     1.入会金及び会費の額の議決
     2.事業計画及び収支予算の議決
     3.事業報告及び収支決算並びに余剰金処分の承認
     4.理事長、副理事長及び理事、監事、評議員の選任

佐保会報の発行

佐保会報の発行写真

・佐保会は奈良女子高等師範学校第一期卒業生によって発足。

 

大正4年1月に、佐保会の機関誌「佐保会誌」が発行され、以後15号まで年1回冊子形式で発刊された。その後、「佐保会報」に名称が改められ、第2次世界大戦中の休刊を除いて、今日まで継続して発行されている。これまでは、年2回(7月,10月)発行され、佐保会の評議員会の議事録や現状・活躍状況の報告が記載され、また会員相互の情報交換のための重要な役割を果たしてきた。平成24年8月一般社団法人移行に伴い、代議員定時総会の時期が9月の最終日曜日に変わり、佐保会報の発行も8月と2月に変更された。会員の皆様のご寄稿をお待ちしています。

奈良女子大学との連携

奈良女子大学との連携

・佐保会奨学金

母校創立50周年記念事業として奈良女子大学の学生への奨学金の基金を募集しました。昭和34(1959)年11月の第1回授与式から、平成19年(2007)の第49回授与式までに624名の優秀な学生に奨学金が授与されました。

・奈良女子大学新講堂の緞帳の寄贈

昭和58(1983)年新講堂が竣工され、この講堂の緞帳を寄贈しました。緞帳の原図は文化勲章を授与された佐保会員、故小倉遊亀氏によるものです。「爛漫」と題されたこの緞帳は、毎年の入学式、卒業式のステージを彩り、後輩学生達への暖かい励ましとなっています。

・奈良女子大学国際交流基金設立のための募金

母校創立90周年記念事業として、平成10(1998)年奈良女子大学国際交流基金募金会を結成し、奈良女子大学国際交流基金の設立に重要な役割を果たしました。平成12(2000)年度から国際交流に係る支援活動が実施され、これまでに外国からの留学生58名、また奈良女子大学から諸外国への派遣学生30名が奨学金を授与され、大学の国際交流の活性化に大きく寄与しています。

・母校創立100周年記念事業への支援

奈良女子大学では、創立百周年記念事業の一つとして「奈良女子大学基金」を創設されました。佐保会でも、その実現に向けて、全面的に支援しています。

・母校創立100周年記念事業協賛のための佐保会特別記念事業の設立

具体的には、次の事業を企画しました。
(1)「人材データバンク」の設置
(2)「これからの時代にふさわしい女性の魅力ある生き方を求めて」に関するアンケート
(3)「一筆自分史」の編纂
(4)「映像で見る母校百年史」についてのDVD作成
(5)シリーズ「母校に集い、共に語ろう」の会の開催

・在学生と卒業生のつどい

様々な分野で、第一線にあって活躍している、あるいは、特異な経験をした佐保会員と、現在勉学中の在学生との交流を意図して、この会を開催しています。女性の就労条件は現在にあっても、厳しい昨今ですが、佐保会が同期生は勿論のこと、先輩・後輩を通じて共に励まし合い、助け合って互いに明るい未来を築いて行く生涯教育の研鑽の一助となることを期待しています。

佐保塾の開設

佐保塾の開設

平成16年(2004年)からの国立大学法人化に伴い、母校奈良女子大学は、開かれた大学を基本理念の一つに掲げ、国際交流の推進と地域・社会への貢献に努めてきている。この度、佐保会は、大学支援の一環として、また社団法人としての役割を一層明確にすることを意図して、会員の他、地域の方々と共に社会的な諸問題を考え、文化・伝統を学ぶ場として「佐保塾」を開設することになった。
   (1)地球環境を考える映画会 
   (2)講演会
   (3)クリスマスコンサート 12月
   (4)各種教室
 太極拳教室 森田茂先生(日本武術太極拳連盟公認指導員)、に師事し、簡化二十四式太極拳のレッスンに取り組む。殆どのメンバーが初心者で、多少の戸惑いはあったものの、回が進むにつれ、太極拳の奥の深さに魅了されてきている。9月には、奈良テレビ放送の取材を受け、練習風景が地域に放映された。
 書道教室 川口登美子会員(昭38年 家食卒 日本書藝院無鑑査会員)を講師として、漢字と仮名を中心に習う。何十年振りかで筆を持つ人、ベテランの人、講師の快活な教えにそれぞれのレベルで、筆を持つ喜びを味わっている。
 たのしい折り紙教室 佐保塾ではすっかりお馴染みとなった三谷幸会員に、4月には、「こどもの日」に因んだ折り紙を、また9月には「秋の風景」をテーマにして挑戦。6月には、新しく堀井洋子会員(昭26年理卒、数学教育協議会折り紙サークル代表)を迎え、「星に思いをよせて」を題材にして、11月には、迎春に因んだ折り紙を習う。
 コーラス教室 コーラス指導には、土田景介先生(関西二期会会員)をお迎えした。小学校唱歌から叙情歌、外国の民謡など、一度は口ずさんだことのある歌を、コーラスの輪に乗せて楽しんでいる。
 万葉講座(万葉あぢさゐ会) 坂本信幸先生(奈良女子大学名誉教授、高岡市万葉歴史館長)を講師として迎え、わが国初の詩 歌集であり、日本文学の源流ともされる万葉集の世界を映像も交えてさまざまな角度から楽しんでいる。2012年4月開講。