気象警報の発令・解除にともなう生徒の登下校に関する規定

該当地域内に気象に関する警報(暴風、大雨、洪水、暴風雪、大雪)が発令された場合の措置は、下記の通りとする。


1.気象警報の該当地域(下の地図の黄色部分)  現時点の警報発令地域はこちら

奈良県北西部(または、奈良県北部全域、奈良県全域

※奈良県北東部、五条吉野北部、奈良県南部(南東・南西部)は対象外

京都府山城中部、山城南部(または、京都府南部全域、京都府全域

※京都府南部(京都・亀岡、南丹)、京都府北部は対象外

大阪府大阪市、東部大阪(または、大阪府全域

※北大阪、南河内、泉州は対象外


2.生徒の登校について

(1) 午前7時の時点で、警報が発令されている場合、自宅で待機すること。

(2) 午前11時までに、警報が解除された場合は、午後1時30分までに登校すること。

(3) 午前11時までに、警報が解除されない場合は、休校とする。

ただし午前中授業の日は、午前7時の時点で、警報が発令されている場合、休校とする。

(4) なお例外措置として、大型台風の接近などによって、暴風警報発令が確実視される場合、注意報段階で予め休校(半日休校)を決定する場合がある。


3.生徒の下校について

(1) 登校の途中で警報発令を知った場合、直ちに帰宅すること。

(2) 登校時に、警報が発令された場合、原則として直ちに下校させる。

(3) なお例外措置として、数時間後の警報解除が確実視される場合、生徒を学校に留め置き、警報解除後帰宅させる場合がある。


4.生徒への注意事項

(1) 警報が解除された場合でも、交通機関や道路の状況など安全を確認の上、登校すること。

(2) 警報が解除された後でも、何らかの事情によって登校が困難な場合は、登校を見合わせた上で、後日担任に連絡すること。欠席・遅刻扱いにはならない。

(3) 警報に関する学校への問い合わせは、緊急時以外はしないこと。