SSH重点枠 ビデオ会議システムによる国際交流1

(2008/05/02)

 SSH重点枠のプログラムとして、韓国のKorea Science Academy(KSA)との科学技術の国際交流を、ビデオ会議システムを利用して実施しました。

 それぞれの班は、自分たちの研究を英語でKSAの生徒に説明することができました。研究の内容によっては、KSAの生徒から「ワオーッ」という声も上がり、盛り上がっていました。最後にはKSAの生徒の自己紹介も交えながら、和やかに交流を行うことができました。

 次回の交流は、それぞれの研究内容をDVDにまとめて交換して行う予定です。