学校長挨拶

平成17年度より、奈良女子大学附属中等教育学校は文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受けました。全国の6年一貫教育を行う中等教育学校としては、初めての指定でもあります。

本校の30年にわたる長い中高6年一貫教育の成果を基盤として、文系や理系にとらわれないバランスのとれた、そして、全学年をとおしての教育をこれから5年間に渡り推進してゆきたいと考えております。昨今の理科離れや学力低下といった社会的に問題視されている課題にも積極的に取り組んでゆき、理数科に強く、物事の原理を考える、そして、問題を探し出し解決できるような素養をもつ人材の育成を目指しています。

本校は、奈良女子大学附属の研究開発校です。大学の特色を大いに取り入れた教育を試行する場であります。生活環境学部がもつ生活科学的な発想で世の中の多くの事象に興味を持ち、さらに、文学部や理学部が提供する物事の原理を探求する心でもって深く学問する習慣を生徒たちに根付かせることを大学が支援します。それに加えて、できるだけ多くの先端的なチャレンジに生徒たちが触れることができるように、近畿圏の多くの大学・研究機関に協力していただき高大連携プログラムを立ちあげてSSHプログラムづくりをしております。

SSHは、生徒達だけでなく、教員・保護者にとっても様々な形で参加し、学ぶことができる絶好の機会でもあります。本校の関係者が一丸となりSSHプログラムを体験し、それぞれの目標に到達するように努力することを願っております。

2005年7月吉日

奈良女子大学 生活環境学部教授 植野 洋志