2005年 Math Math 数学(学園祭)
05/09/17-18
■ 立体の作成
 数学科では、1年幾何の立体の学習の際、「ポリドロン」という教具を使って、生徒が実際に様々な多面体を作成します。このことで、立体に親しむとともに、今後の理数系の学習に必要な空間認識を養います。SSHにおける、数学的リテラシーの基礎・基本を養成するのです。
 今年の1年生は、自分の作った立体と一緒に写真を撮ってもらいました。また、折り紙で作ったパーツを利用して、夏休みの宿題で多面体を作成しました。それらを学園祭の数学科の展示「Math Math 数学」で、来校された方に見て頂きました。
 ポリドロンを自由に使ってもらうようにしていると、子どもから大人まで、皆さん楽しんでくれます。
1年生の作成した立体と、それを記録した写真です。
夏休みの宿題の、紙で作った多面体です。
このように、来場者の方が自由に立体を作成できます。

Back