SSH理数講義プログラム1 「小さな素粒子から大きな宇宙まで」
(2005/11/19)
受講した保護者へのアンケート結果
(1) 本日のSSH理数講義プログラム1について、感想や意見等を書いて下さい。
1年父 非常に興深い内容でした。多少難しく理解できない部分もありましたが、物理のおもしろさを再認識しました。今後もこういう企画をぜひお願いします。
1年父 日常とはかけ離れた専門的な内容であり、大変おもしろかったです。今後も研究の第一線で活躍されている方の講座を希望します。
1年父 楽しかった。20〜30年ぶりに素粒子物理の講義を聞いて、昔を思い出しました。反宇宙の存在について大統一場理論、重力を考えると時間の流れが一定でなくなる事など、とても興味がもてました。ありがとうございました。
1年父 大学卒業以来、久しぶりに楽しい講義を聞かせて頂きました。生徒にも分かり易いよう、難しい内容を簡単に説明して頂き、今回自分の子供が出席できなかったのが、とても残念です。日常生活には考えが及ばないようなスケールの話を聞き、自分自身心のリフレッシュが出来ましたし、本日出席した生徒達はまさに本物の勉強が出来たように思います。これからも感動を与える講義を期待します。
3年母 私としてはかなり苦手な分野でしたが、興味深く聞くことができました。
4年母 物理については全くといっていいほど知識がないので、今回の講義も全く理解できないのでは・・・と思っていたが、とてもわかりやすくお話くださって楽しく拝聴させていただきました。今後とも、保護者も参加できるSSHの講座を設定していただけたらと思います。
4年母 予想していたより素人にも分かったような気分になり、大変良かったです。心や魂にも触れられていて先生の教養の広さに(言うまでもありませんが)感心させられました。幼稚な質問にも答えていただき、うれしかったです。
4年母 説明が難しかった。興味はあるのですが理解できないことが多すぎた。難しい内容でも知識の無い人にももっとわかりやすいような講義は無理なんでしょうか?せっかくプリントをもらったのに字が細かすぎて分かりづらい。ところどころおもしろい内容なのだが、説明が分かりにくかった。私も本を読むなどして勉強してから来た方が良かったのでしょうが・・・。
4年母 カラーのレジュメを頂いてありがたく思いました。ただ黒地に細かい字が見えにくかったので、全体にもう少し大きい字でお願いしたかったです。とても内容的にも専門性にあふれていて楽しかったです。奈良県立医大の先生のお話は生徒全員参加でしたがむしろこちらの方を生徒全員参加にして頂きたかったです。いろいろな行事があって嬉しいのですが、ほとんど全てが生徒にとって自由参加ですとほとんど参加しないので、もったいないです。全体のいくつかは好きなものを選んで義務にして頂きたいです。
4年父 大変わくわくさせられるトークでした。子供たちが大いに刺激されたと思います。
4年母 すばらしい講演会でした。宇宙の成り立ち以降、今あるべくして存在している現在に今あるからこそ宇宙のいろいろな事を知ることが出来ることは、ロマンそのものです。人間の存在にもとても価値を見出せる講義でした。また物理の数式が美しいとおっしゃったように各々の美というものを個人が持して追求できればなんと素敵なことでしょう!こういう機会を与えていただいた三田先生、数学の先生方に心からお礼申し上げます。次回を楽しみにしています。
6年父 宇宙と素粒子のつながりがよく理解できた。生徒達へOnly Oneになれとのメッセージを言われた事が非常に良かったと思う。
6年母 小さな針のような点からこの世がつくられたこと。そしてそれが事実として証明されていることに新たな視点を加えられました。
6年母 とてもわかりやすく興味深い講義でした。
6年父 学生に戻った気分で興味深く聴講しました。
6年母 難しかった。(初めはよくわかった)一流の先生に説明していただくとやはり違うと思う。やはり素粒子のテーマが難しい。興味はあるが理解しにくい。
その他 1.なんとなく宇宙←→素粒子がイメージできました。
2.現代の物理学の方向はフェアではない。豊かな研究者にしか出来ないからである。
3.ビッグバンを指向して研究を進めるのなら、Only oneというのは難しい気がする。
4.小柴先生の実験は、超惑星の爆発が数100年に一回で地球に届くある一瞬に観測する幸運に出合い幸運だったというのは非常によく理解できた。