SSH理数講義プログラム1 「小さな素粒子から大きな宇宙まで」
(2005/11/19)
受講した生徒へのアンケート結果
学年
4(理解できた内容) 5(質問) 6(感想や意見)
1
ある1点からビッグバンができたということ。時間と物質の関係   最後の方の魂は何なのかということやビッグバンの前はどんなものだったのかということを考えた。
1
ニュートリノのこと。ドプラー効果   中1の私にはまだ難しい部分がたくさんあって理解できた事は少ないけど、とても良かったし勉強の励みになると思う。またこんな機会があればぜひ参加したいと思いました。
1
宇宙は一様で対称性にあふれているという事。宇宙はもともと1点でいくら離れていても物理法則が同じということ。 宇宙が一様なら地球とまったく同じ星も存在するのか 地球に生まれた僕たちは恵まれているということ。
2
ビッグバンはおよそ137億年前に起こった。 ビッグバン宇宙論が正しいこと。 1つの素粒子を研究することによって、宇宙のはじまりが少しでも発見できるのに驚いた。
2
光が観測できる限度 インフレーション理論によってほかの宇宙が無限にあるのか 生命が生存できる限度を知り、他惑星に住む生命探査に関心を持った。
3
CPの破れ。素粒子と反粒子の対称。小柴さんの実験。 ビッグバンて具体的にどんな現象なのか 「何でだろう?」っていう気持ちをほったらかしにしないで大切に考えてみようと思いました。宇宙ってことに何となく抵抗があったけど少しその抵抗も解けました。もっと勉強したいと思いました。
4
ビッグバンから今までの宇宙の歴史。CPの破れも少し理解できた。   とても興味深い内容で、進路の参考にもなったと思います。今日来て良かったと思いました。
4
ビッグバンは小さな点に固まった高密度のエネルギーが一様に膨張すること。ビッグバン以降の歴史。   物理の世界は自分にとってあまりにも難しいです。
4
ビッグバン・Only One   宇宙を知るには素粒子を知ることが必要で、これはとても大変だと思いました。
4
ビッグバンがおきたのは事実だと証明されているらしいという内容   P17の一番右下の写真がすごくキレイだったのでもっと見せてほしかったです。というかあの写真がほしいです。
4
Be Only Oneだけなんとか。あとは難しくてよく分かりませんでした。   宇宙はとても壮大でキレイだけれども、まだまだたくさんの謎があるんだなぁと思いました。でもお話は難しくてよく分かりませんでした。
4
全体をややうすく理解できた。 もう少し全体を細かく分かりやすくしてほしかった。 短い時間では説明できないことが多いのだろう。少し分かりにくかったです。
4
CPの対称性には破れがある。粒子、反粒子は同数ありぶつかりあった時に消滅してしまうと定義すると誤差が生じる。   以前、東京でのイベントに参加して小柴先生のお話は聞かせてもらって今回の講義でも宇宙についてすごく興味がわいた。
4
ビッグバンはある一点から始まった。No.1よりOnlyOne。全てが物理学で理解できるわけではない。 魂は何で構成されているのか?(聞いた)宇宙が三次元だとしたらどんな形をしているのか?(聞いてない) ビッグバンのきっかけが説明されたのかされてなかったのかよく分からなかった。小宇宙というのがあるが出来方は小さいビッグバンでできたのかなぁと思った。
4
ニュートリノにも質量がある。僕が生まれるよりも前に一度地球人がニュートリノをあびた事。宇宙を調べるには素粒子が分からなければいけないところもある。OnlyOneが目指すべきもの。   全てのことを物理学で知ることはできないが、物理学によって少しでも人類の「世界」が広がれば良いと思う。これからはいろいろな視点から物事を見れるようにしたい。そしてOnlyOneになりたい。簡単には全てを知ることができないところに宇宙のおもしろさがあると思う。
4
ビッグバンは事実であると断言できる程存在が立証されていた。反粒子が無かったら素粒子論がおかしいということに。Be Only One. 宇宙の温度が今よりはるかに高かった昔や、低くなっていく未来において知的生命が存在できるか?やはり適応は可能なのか? 数式や実験から普通では考えが及ばない壮大なことを知れる不思議。
4
カミオカンデには光電子倍増管がある。素粒子と反素粒子がある。観測していないところで違うふるまいをする。   地球に住んでいるのに分からないことがまだまだあるが、やはり限界があると思う。
4
宇宙の謎を解き明かすには素粒子と反素粒子に対する理解が必要不可欠だ。私たち人間は恵まれている。(地球という星の環境) 結局、宇宙の膨張に限り、終わりはあるのか?反素粒子は私たちが目にすることができるのか? 難しかった。もっと易しいところから説明してほしかった。基礎知識が無さ過ぎて内容についていけなかった。事前学習すべきだったと思う。
4
Be Only One.ビッグバン・素粒子と反素粒子が存在する事。 素粒子とはどういうものなのか? 物理学はとても奥深いと思いました。
4
どこができていてできてないのか、わからないです。まだ物理の知識なども少ないため、ただ知識が増えるにつれて分かっていく気がします。   宇宙のこと、出来る前のことなど考え始めるとごちゃごちゃとなるのであまり考えないようにしているのですが、とりあえず宇宙の端には光ですら到達できないのだろうと思いました。
4
Be Only One 物理学には関係ないと思うけど50億年後宇宙(地球)が滅びたときにどうなるのかということと、滅びた時に魂がどうなるのか。素粒子とは何か? 物理学って奥深くておもしろいとおもった。
4
ビッグバンから始まった宇宙の構成と粒子の誕生。 素粒子・物理学の見地から見て、異星人が存在する確立はあるのか。 宇宙の広さとその複雑さ。そして人間の思考の範囲の限界。
4
    物理学や宇宙の誕生などまだ分かってないことは、空想と紙一重だと思った。SFが現実になるかもしれない。
4
宇宙にはまだまだ分からない部分があること。小柴さんの発見は奇跡だったということ。反粒子とうものがあること。エネルギーの高いものを使わないと小さいものが見えないとうこと。(X線を使う理由に納得した)   難しくてほとんど理解できなかったけれど物理の研究は金も時間も努力も必要で大変なのになかなか理解してもらえないものであるということを聞いて、その通りだと思ってしまった。
4
宇宙はどのように始まったか。(ビッグバン)粒子と反粒子について。CPの破れ   物理の世界の難しさに改めて驚かされた。
4
素粒子の数と反粒子の数は対称じゃなくて素粒子の数が多かったから宇宙はできたなど。   物理学とはとても深いもので物理で宇宙全体を理論で説明できるなんてすばらしい学問だとおもった。聞けて良かったです。
4
ビッグバン・素粒子・小柴さんの話・supernova・onlyoneになれなど 宇宙の外はどうなってるのか。 私は特別宇宙に携わる仕事につきたい訳ではありませんが今回の話はとても面白かったです。宇宙は決して物理だけでなく哲学なども入ってくるのだなぁと思いました。
4
先生の人の生き方に対する見解。ビッグバンが137億年前に起こったこと。宇宙は加速しながら広がっている。小柴先生についての話のあたり。 反素粒子は素粒子とは正反対の性質があるとおっしゃっていたが、どう正反対なのか。 難しかった。附属の先生が講義の事前授業をしてくれていればもっと興味が持てておもしろかったと思う。
4
はっきりと理解できたものはあまりありません。宇宙の出来方とかそういうことをはっきり納得できなかったけれど三田先生の考え方とかそういうのが少し理解できたような気がします。Be OnlyOne(Only Oneになりなさい)とう言葉に行き着くまでの経路となることの必要性ははっきりとわかりました。   内容が難しくて本当に考えっぱなしでした。もっと基本的なところを理解していなくて聞きにきてしまったのでもっとちゃんと勉強してから聞けば分かりやすかったしもっと楽しむ事ができたのだと思います。難しかったというよりも自分の知識の無さの悔しさと、宇宙をもっと知りたいという思いが大きかったです。
4
この世界には素粒子と反粒子が存在するということ。反粒子は目に見えないなど。 宇宙はなぜ黒いのか? 科学者ってすごいと思った。
4
ビッグバンによって私たちが今ここにいるということ。宇宙は他にもある可能性があるという事。宇宙は膨張していて温度は下がっていくということ   とてもとてもスケールの大きい話で理解できなかった事がたくさんありましたが、少しでももっと知りたいという気持ちになりました。宇宙のすごさがこれからも発見されていくのが楽しみです。
4
小柴さんが成功できたわけ。 宇宙の「果て」がどうなってるのかなぁということ。また宇宙は拡大していると言っていたけれど、一体どこのどのスペースへ大きくなっているのかということ。 楽しかったです。
4
ビッグバンと素粒子論は矛盾している。ビッグバンは正しいから素粒子論を変えなきゃいけない(新しい物理)   ビッグバンが1つじゃなかったら他にも宇宙があって・・そこにも地球に似たような星があって・・・と考えていくと頭が痛くなりそうでした。でも他にもいろいろ考えることができたので良かったです。理解はきっとできてない方だと思うけど。
4
宇宙は点から出来ていてビッグバンによって膨張したこと。宇宙は対称であること。CPの破れが起こっていると三田先生は考えていること。   後半は難しくてあまり分からなかったけど興味の持てる講義だった。宇宙のことが少し分かったような気がした。
4
宇宙は点から出来た(ビッグバン)素粒子と反素粒子はぶつかると爆発して消滅する。   ちょっとしか理解できなかったけど興味を持てた。おもしろかった。
4 
ビッグバンはある一点から発生した。魂という定義は物理学では説明できない。 宇宙が始まる前はどのような世界だったか? 宇宙が広がるという表現は説明しにくい。広がるには何らかの力が必要だし広がっている先には何があるか分からない。なんにしろタメになる話だったと思う。
4
ビッグバンは科学的に根拠がある。反物質は存在するかもしれない。物質や生命があるのはとても不思議なことである。 宇宙の温度が下がっていくのなら、マイナスケルビンになったりするのか?だとすればそれはどういうことなのか? 科学は偉大である。だからこそその使い道を大切にしなければならない。
4
ビッグバン説の確実性。宇宙の象徴   知らないことだらけで難しかった。
4
素粒子と反粒子について・「研究」の目的、本質   素朴な疑問が研究を成り立たせているんだなと思った。
4
ビッグバンは点からおきた。    
4
反粒子の発見、それによる宇宙理論 宇宙の膨張が止まることがあるか  
4
ビッグバンの最初は点。Be Only Oneになれ。   難しかった。
5
何となく理解できた気はするけどたぶん全てきちんと理解できてないと思う ニュートリノって何ですか? 人類が発見している宇宙の領域の広さにびっくりした
5
ドップラー効果・宇宙のこと・太陽の大きさ 宇宙の外は一体何があるのか、どのような空間なのか。なぜ反粒子と素粒子は同数作られなかったのか?なぜビッグバンは起こったのか?  
5
ビッグバンが起こってから現在の状況。学問の研究がどういったものかというのがちょっとだけ分かった気がする。   宇宙の不思議について僕たちが存在している世界以外にもまた違う宇宙が広がっているのかなぁと思った。今回は話を聞いてもあまり理解できなかったけどいつか分かったらいいなと思う。
5
宇宙が膨張していて初めは1つの点だったということ。OnlyOneになること 宇宙の始まりが1つの点ならその点のエネルギーがどこからきたのか。エネルギーは何からできていたのかが知りたい。時間というものがどうなっているのか。何億光年前の光を見たってことはまだその年億光年前はこの宇宙に存在しているのか。 深いです。人間が137億年前にできた粒子からできていると思うと本当にしみじみしました。こういうことにも興味がわき物理がんばろうと思いました。
5
宇宙がどのようにしてできたのか、今の物理で考えられている方法。「反物質」についてなんとなく・・・ 最後のあたり、理解があまりできていなかったので質問するというレベルにまで達せ無かった。ニュートリノが今ひとつわからない。ビッグバンはどこで起きたのでしょう。 私達が今勉強している物理はなんて古い時代のものだろうということ。宇宙は理解できない。
5
宇宙がどのようにして出来たかがわかり、物理のすごさがとても身にしみて分かった。   三田先生がおっしゃっていたようにNo.1ではなくOnlyOneになることはとても重要だと思う。そうしないとノーベル賞を取れるような人材も極端に減り何年かで分かるような発見が何十年もかかると思う。今日は本当に講義を聞くことができてよかった。
5
まだ分かってないことがいっぱいあること 宇宙の中心はどこですか? なんか全体的に分からないことばかりです。
5
Only Oneになれと理解した。   宇宙の広さと、人間がすごく小さいものでできていること。
5
宇宙は膨張している。光のスペクトル(光の波長)が長くなっているために大昔は宇宙は点であった。   自分でも研究を重ねると新しい理論を導き出せるかもしれない。
5
ビッグバンは正しい理論である。日本の技術はすごい。   面白い話のような気がするが絶対的に知識が足らなすぎる事を痛感した。これからの勉強の励みになったような気がする。ところどころAGで聞いたことのある話がでてきて断片的な知識がつながったときは嬉しかった。
5
ビッグバン宇宙は膨張しているということ 反宇宙、反物質の話があまり理解できなかったので、もっと詳しく聞きたかった。ニュートリノは何か聞きたかった。 宇宙がどうやってできたかあまり考えたことがなかったが、宇宙が生まれて自分が生まれたのは偶然の重なりだったということを知った。
5
ビッグバンのこと・素粒子論について 膨張する限りは温度が下がり続けるのならば、絶対零度の存在はおかしくないか・・ 宇宙についての新たな視点を得れた。
5
宇宙は膨張している。この為波長が長くなってエネルギーが小さくなっている。OnlyOneになれ。地球は残り50億年後に消滅する。 エネルギーが小さくなるというのがいまいち理解できなくて、どういうエネルギーが小さくなるのかを教えてほしい。 改めてミクロの世界マクロの世界というのは自分が創造している以上に研究が進んでいると思った。
5
しっかり理解できたところはなかったけど宇宙が膨張していることとかは何となく理解できたような気がした。 膨張し続けるとどこまで温度は下がるのか。絶対零度が限界なのか? 最後の人が質問したようなこの宇宙はどこにあるのかという疑問は持った事があって三田先生にはもう少しちゃんとした考えを聞きたかった。魂の事を質問した人に答える時に何となく馬鹿にしたような態度に見えて少し残念だった。
5
宇宙が存在しているが、見る事や触れる事ができなく、宇宙に秘められた可能性は無限大であること ビッグバンがあるように宇宙の消滅はあるのだろうか?宇宙の範囲には限りがあるのだろうか?「存在しないこと」とはどういうことか? 自分が今の期間や環境に生きていることを不思議に感じた。内容は難しかったが考えさせられて面白い講義だと思った。
6
私たち人間の存在は不思議   科学で出来ない事はできないのだといことを認めることが必要。