奈良女子大学附属中等教育学校

2005年度公開研究会・SSH研究発表会


2006年2月24日(金)

「新しいSSHカリキュラムの創造 〜広い視野と素養を備えた生徒の育成を目指して〜」


 8:45〜9:15

受     付

 9:15〜9:30

校長挨拶と諸連絡

 9:30〜10:20

奈良女子大学附属中等教育学校SSH概要説明

10:40〜11:30

数学科 公開授業
5年(高校2年) 授業者:佐藤 大典
「数学的リテラシーを育成する微積分の指導
−テクノロジーを活用して−」

理 科 公開授業
4年(高校1年) 授業者:櫻井 昭
「科学的リテラシーを育成する生命科学
−電気泳動による遺伝子解析−」

11:35〜12:30

数学科 研究協議
公開授業およびSSHカリキュラムについて

理 科 研究協議
公開授業およびSSHカリキュラムについて

12:30〜13:15

昼     食

13:15〜14:00

「サイエンス研究会」の生徒によるポスターセッション
参加者からのアドバイス・参加者とのディスカッション

14:10〜16:30

[講演1]
「“科学のための科学”と“社会のための科学”およびこれからの科学教育」

 木村 捨雄 氏(名城大学大学院総合学術研究科 教授)

[講演2]
「SSHにおけるカリキュラム開発の現状と課題」

 鳩貝 太郎 氏(国立教育政策研究所 教育課程研究センター 総括研究官)

質疑・応答・議論