SSH NSL講座
■自然科学リテラシー(Natural Science Literacy)を育成するため、数学的内容、理科的内容が融合した集中講義です。大学教員・研究者・本校教師を講師として年に数回、開催します。
■学年を指定して、希望者を募ります。
2006年度 第1回

06/06/10(土)
(13:30〜16:30)

多面体(形)をキーワードに、数学での形、建築の中での形、化学の中での形とその研究の発展

「正多面体・準正多面体に関する講義と模型作成」
講師:大西 俊弘 (奈良女子大学附属中等教育学校)
場所:本校 ゼミ2・PC1

講義の様子はこちら

第2回

06/06/17(土)
(13:30〜16:30)

多面体(形)をキーワードに、数学での形、建築の中での形、化学の中での形とその研究の発展

「多面体と建築」
講師:阿竹 克人 氏 (阿竹空間設計研究所 所長)
場所:本校 ゼミ2・PC1

講義の様子はこちら

第3回

06/06/24(土)
(13:00〜15:00)

多面体(形)をキーワードに、数学での形、建築の中での形、化学の中での形とその研究の発展

「炭素の物性について」
講師:池田 篤志 氏
(奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科 助教授)
場所:奈良先端科学技術大学院大学

講義の様子はこちら

第4回

06/07/27(木)
(13:00〜15:00)

多面体(形)をキーワードに、数学での形、建築の中での形、化学の中での形とその研究の発展

「物質の構造をさぐる〜電子顕微鏡を用いて〜」
講師:佐藤 和信 氏 (大阪市立大学理学部 教授)
場所:大阪市立大学理学部基礎教育実験棟

講義の様子はこちら

第5回

06/11/18(土)
(13:30〜16:30)

多面体(形)をキーワードに、数学での形、建築の中での形、化学の中での形とその研究の発展

「シャボン膜から入る数理の世界」
講師:高木 隆司 氏 (神戸芸術工科大学 特任教授)
場所:本校 ゼミ2

ポスターはこちら

第6回

06/12/16(土)
(13:30〜16:30)

「年輪から木造古文化財の年代を読む」
講師:光谷 拓実 氏 
(奈良文化財研究所埋蔵文化財センター年代学研究室長)
場所:本校 多目的ホール

ポスターはこちら

2005年度 第2回

06/03/11(土)
(13:30〜16:30)

「科学・技術と社会、そして『新しい博物学』」
講師:池内 了 氏         
(早稲田大学 国際教養学部 教授)

写真とビデオ

場所:本校多目的ホール

対象:生徒(1年〜5年)・保護者(1〜5年)の希望者

ポスターはこちらをご覧下さい。|HTML

第1回

06/02/04(土)
(13:30〜16:30)

「数学、数学の応用、そしてその未来」
講師:齋藤 政彦 氏         
(神戸大学理学部 教授)

写真とビデオ

場所:本校多目的ホール

対象:生徒(1年〜6年)・保護者(1〜6年)の希望者

ポスターはこちらをご覧下さい。|HTMLPDF