「サイエンス夏の学校」 05/08/23-25
 SSHのプログラムの1つとして、1年生〜4年生を対象に、「サイエンス夏の学校」を実施しました。「サイエンス夏の学校」の成果は、学園祭で発表する予定です。

 テーマは、南紀白浜の自然におもいっきり触れよう!

・いろいろな海の生きものを見たり、白浜の地質を調べたり、天体観測をしました
・自然の見方や調べ方を学びました
・自然の中で数学しました

概要  2005年8月23日〜25日の三日間、「サイエンス夏の学校」と題し、サイエンス研究会の希望者38名と、京都大学瀬戸臨海実験所(南紀白浜)へ行ってきました。
 臨海実習は38名の生徒が2班分かれ、一日目はA班が磯観察、B班が地質観察。二日目はA班が地質観察、B班が磯観察。三日目はA班、B班ともに実習のまとめという日程で行われました。

 台風11号が直撃するかも知れないという天気予報でしたが、皆のパワーで台風を寄せ付けず、精力的に実習に取り組んできました。

実習の様子
(写真・ビデオ)
| 臨海実習 | 地質観察 | 数学しよう |

| カニのダンス(ビデオ) | 水族館 | まとめ | 夕食 |