JSEC2008 高校生”科学技術”チャレンジ 

本校サイエンス研究会の生徒がダブル受賞の快挙!!

2008年12月6日、日本科学未来館(東京・お台場)で、JSEC2008の最終審査会が開かれました。

本校からはサイエンス研究会の生徒2名が出場し、2名がダブル受賞するという快挙を成し遂げました。

5年 西田惇 君
 「筋電位計測システムの開発とその応用」
 ■グランドアワード(科学技術振興機構賞)
   賞状、楯、賞金30万円
   ISEF日本代表(3人のうちの1人)
 ■アジレントテクノロジー特別賞
   賞状、実験機材一式

4年 林由佳里 さん
 「シカのフンを用いた除草剤の開発」
 ■協賛社賞(アジレントテクノロジー賞)
   賞状、楯、賞金20万円
   ISEFレポーター参加

西田君は、2009年5月にアメリカで開催される世界大会ISEFの日本代表選手に選抜されました。
SSHプロジェクトのひとつの集大成として、本校が全国に誇れる成果です。おめでとう!!

JSEC2008の受賞の詳細については、下記をご覧下さい。

http://www.asahi.com/ad/clients/08jsec/index.html