サイエンス研究会の受賞記録
大会名 受賞班 成果 発表テーマ 記録(リンク)
2008 12 JSEC2008
(東京)
物理 グランドアワード(内;科学技術振興機構賞)
(賞状、盾、賞金30万円+アメリカISEF発表参加<日本代表>)
アジレント・テクノロジー・スポンサーコンプリメンタリー賞(賞状、計測機器一式)
「筋電位計測システムの開発とその応用」
2008 12 JSEC2008
(東京)
生物 アジレント・
テクノロジー賞

(賞状、盾、賞金20万円+アメリカISEF見学参加)
「シカのフンを用いた除草剤の開発」
2008 11 第52回日本学生科学賞奈良県予選(奈良) 物理 優秀賞
(賞状・盾)
「Cubic Controlの開発2」
2008 8 SSH全国生徒研究発表会(横浜) 物理・生物 ポスター
セッション賞
(賞状)
「CubicControllerの開発」・「筋電位計測システムの開発」・「奈良公園のシカの糞」
2008 5 第47回日本生体医工学会高校生科学コンクール(神戸) 物理 優秀賞
(賞状・盾・賞金15万円)
「粒子モデルを用いた気体シミュレータの作成」
2008 4 第10回関西中学生研究発表コンクール 生物 最優秀賞
(賞状・盾・図書券・ノートpc)
「シカの糞 緑化に貢献?」
2007 12 第51回日本学生科学賞最終選考
(東京)
物理 科学技術施策担当大臣賞
(賞状・盾・賞金30万円)
「Cubic Controlの開発」
2007 12 JSEC2007
(東京)
物理 JFEスチール賞
(賞状・盾・賞金20万円・アメリカISEF見学参加)
+実験機材一式100万円
「自動追尾型買い物カートの開発」
2007 11 第51回日本学生科学賞奈良県予選(奈良) 生物 佳作
(賞状・盾)
「ジャイアントブレファリズマの研究」
2007 9 日本動物学会 高校生ポスターセッション(青森) 生物 優秀賞
(賞状・トロフィー)
「ブレファリズマの巨大化メカニズムの解明に向けて」
2007 8 SSH全国生徒研究発表会(横浜) 物理 文部科学大臣奨励賞(最優秀賞)
(賞状)
「モーションキャプチャシステムの開発とその応用」
2007 4 第46回日本生体医工学会高校生科学コンクール(仙台) 物理 最優秀賞
(賞状・盾)
「モーションキャプチャシステムを利用した新しいマウスシステムの開発」
2007 3 日本物理学会2007年春季大会ジュニアセッション(東京) 物理 最優秀賞
(賞状)
「みかんでうごく新しいロボットの開発」
2006 9 物理チャレンジ2006
(兵庫)
物理 銀賞(賞状・盾)・優良賞(賞状・盾)

 サイエンス研究会は、2005年度に奈良女子大学付属中等教育学校がスーパーサイエンスハイスクール(以下SSH)に指定されたことを受けて発足した、生徒の自主的な科学研究をサポートする同好会です。現在、前期課程と後期課程を合わせて80名ほどの生徒が加盟しています。(全校生徒720名)
 サイエンス研究会は、物理班、化学班、生物班、地学班、数学班の合計5班で構成されています。昼休みや放課後を利用して、中学生と高校生が入り交じって研究を進めています。近年は、日頃の地道な活動が実り始め、多くの科学コンクールで上位入賞するようになりました。

研究班 研究内容(例) 生徒数 顧問数
物理班

「半導体レーザーの波長の温度依存性」・「Cubic Control」・「自動追尾型買い物カート」・「モーションキャプチャ」・「筋肉電位」・「分子衝突シミュレーション」・「LEDPIC制御」

14 1(物理担当教師)
生物班

「ブレファリズマ」・「ウニの人工授精」・「プロトプラスト(細胞融合)による新植物開発過程」・「奈良公園の生態−シカの糞とシバの関係−」・「“万能乳酸菌”誕生への過程と課題

18 2(生物担当教師)
化学班

「セルロースの加水分解」

5 2(化学担当教師)
地学班

「太陽光のスペクトル」・「スプライトの発光原理の解明」・「黄鉄鋼の物性」

11 1(地学担当教師)
数学班

「結び目理論」・「グラフ理論」

6 2(数学担当教師)