9月25日(土)

本校にて女子5チームが練習試合を行う。

本校体育館にて、富雄中、富雄南中、加茂町立泉川中、精華町立精華南中、女子大が練習試合をしました。

たくさんのチームが総当りで行う練習試合で、たいへん良い経験を積むことができました。

それにしても・・・他のチームはみんな大きい!!背の低いうちのチームとしては、高さをどうカバーするのかが課題です。


10月16日(土)

平城東中学校にて男子が練習試合を行う。

平城東中学校へ本校男子が出かけて、練習試合を行いました。

平城東中学校は、周知の通り、奈良市ナンバー1のチームです。選手個々人の技術力も体力もじつに優秀なチームです。まずは、こころよく練習試合を受けてくださったことに感謝!
結果は・・・ご想像にお任せします。この練習試合の目的は、奈良県で1、2を争うチームとの試合をすることによって、自分たちが普段の練習でどんな相手を想定して練習をしなければならないのか、実感することにありました。

普段の練習では、どうしても目の前の相手に合わせた練習になりがちです。それではなかなかレベルが上がりません。目の前の相手ではなく、自分たちより技術も体力も上の相手を想定して練習ができるようになる。イメージトレーニングを取りれた練習を生徒たちが自分でできるようになれば、強くなると思います。
10月23日(土)

本校にて、京西中、平城東中、光陽中(女子)、京西中(男子)が練習試合を行う。

京西中、平城東中、光陽中(女子)と京西中(男子)が、本校にきてくれました。

京西中は、高さがありガードの選手の能力も高いチーム。平城東は一人一人の選手の身体能力の高いチーム。とくにガード?の選手の能力は際立っていました。光陽はガードともう一人の選手の能力が高く、そのふたりが相手を翻弄するチームでした。それぞれに特色と高い能力のあるチームで、こちらは対応するだけで精一杯という状況でしたが、後半ではどうにか対応できてきたように思います。
女子は、バックコートでのボール運びの成功率と、ゴール下でのシュートの成功率向上が急務です。他のチームと比べて、シュートの回数は多いのですが、成功率が低いという状況が見られました。ミドルレンジのシュートがスパンと決まるチームが理想ですが、まだまだ成功率は低いので、ミドルシュートを練習しつつ、ゴール下での勝負がきちんとできるようにしたいものです。
なお、京西中の1年生と、本校の1年生が1クオーターだけ試合をしてみました。なかなかよくがんばったと思います。今後は、ボール運びやパス回しなど基本的なプレーを練習して、1年生大会に臨みたいと思います。