ディフェンスドリル
このページではディフェンスの練習について紹介しています。
 2対2の攻撃開始場面。ボールマンディフェンスは、タイト(きつく)に、かつ右側を抜かれないように守る。もう一人は、ディフェンスの位置によって、ディナイかピストル。この場面では、オフェンス同士が離れているためにピストルディフェンスをしている。
⇒
 ピストルで両方のオフェンスを視野に入れていれば、このように、ボールマンディフェンスが抜かれても、ヘルプに行くことができる。ヘルプではオフェンスの進路をすばやく体でふさぎ、ハンズアップする。抜かれたディフェンスは、逆サイドのオフェンスへのパスカットを狙う位置へすばやく移動。