七夕・夏祭りコンサート

 7/12(金)の13時より学校の中庭で、生徒会学芸部の企画として、学芸系クラブの発表の機会となる七夕コンサートが行われました。
 それぞれの活動の様子を知ってもらうとともに、横のつながりを強めたいということから、器楽部と軽音楽部のコラボレーションという、初の企画が実現しました。少人数編成で3曲を発表し、軽音楽部からはキーボード・アコースティックギター・ボーカルといった形で合奏に参加されました。


 演奏した曲目は、
「夏色」/ゆず
CMメドレー/部員編曲
「君の知らない物語」/Supercell (軽音楽部と)
の3曲です。
 いつも経験しない編成での合奏はとても新鮮で、聴衆のみなさんとともに夏いっぱいの気分でとても盛りあがりました。

弦楽合奏バージョンの「夏色」で始まりました。 CMメドレーは、副部長の編曲と指揮による弦楽合奏です。軽音楽部のギターも1本加わりました。
ハイライトは「君の知らない物語」。管弦楽とキーボード、ギターにのって歌われました。 器楽部・軽音楽部のそれぞれにとって、めったにないセッションで、とても楽しい経験になりました。

 器楽部の夏の活動としては、他に昨年から始めた小規模編成のコンサートがいくつかあります。
 7/20(土)には、近隣の老健施設「サンライフ奈良」で慰問演奏会を行いました。昨年に続いて2回目の訪問です。前回と同じように、7・8曲の親しみやすい楽曲を、最小3名から20名程度までの編成で披露しました。

 
また8/2(金)には、東大阪市金物町で行われた「大阪金物団地サマーカーニバル」に、昨年に引き続いて招待されました。本校器楽部からは、金管楽器と打楽器セクションがバンドを組んでの参加です。
 演奏した曲目は、
「peach」/大塚 愛
「青いベンチ」/サスケ
「the chicken」/Pee Wee Ellis
「君がいるだけで」/米米クラブ
の4曲です。
 今年もお祭りムードを盛り上げました。

 部員は全員が、以上の3グループのいずれかに分かれて、
夏季の発表に参加したことになります。