国語科の部屋
The Japanese language, literature
教員(staff) 五十音順

 荒木由弥 ( Araki,Yumi )        有地秀樹 ( Arichi,Hideki )  

 金沢節子 (Kanazawa,Setsuko )   谷本文男 ( Tanimoto,Fumio )

 二田貴広 ( Futada,Takahiro )      吉田隆 ( Yoshida,Takashi)
現代文の部屋
漢文の部屋
漢文句法と原文の部屋
音声表現指導の部屋
二田の部屋
吉田隆の部屋

古今和歌集巻一春歌上所収歌です。
 新暦の立春でも奈良では鶯の声を聞きません。古今和歌集の時代ならなおさらです。そんなことより、このうたは、自分自身の感覚を研ぎ澄まして、あるいは自然に身をゆだねて季節を感じ取る心のありようを教えてくれます。

写真提供
春来ぬと 人はいへども 鶯の 
    鳴かぬかぎりは あらじとぞ思ふ
                  
                    壬生忠岑
travelogue