8月11日 サッカー部OB戦開かれる

荒井正吾奈良県知事が来校

 8月11日(土)恒例のサッカー部OB戦が開かれました。吉田征八郎(S38卒)会長以下、サッカー部のOBが世代をこえて参加。現役サッカー部員と「試合」に興じておられました。
 当日は、サッカー部創立期の部員であった荒井正吾(S38卒)奈良県知事も来校。現役部員相手に「中高時代は勉強も大切だが、体力を鍛えることも大切」と挨拶されました。
 知事の現役時代は「2-3-5」のシステムで、FW(インナー)のポジションで、インターハイ奈良県予選の決勝で、決勝点を挙げられたとのことです。
 養成中の芝生についても観察され、「奈良県に、芝生のグランドを増やしたい」と語っておられました。

吉田会長らサッカー部OB会のメンバー OBと現役サッカー部員の試合
「体力不足は技術でカバー」?

挨拶する荒井正吾奈良県知事 「中高時代は体を鍛えることが大切」
サッカー部創設時代を語る吉田会長 育成中の芝生について説明を受ける荒井知事