2006度の全附連高等学校部会教育研究大会、及び本校の公開研究会を下記の通り開催しました。

10月20日(金)の分科会発表のようす
10月21日(土)のようすはこちらから

2006年 全附連&公開研究会
期 日 2006(平成18)年10月20日(金)〜21日(土)
会 場 奈良女子大学附属中等教育学校
テーマ     「新しい中等教育の創造をめざして」
申込方法 申込〆切 2006(平成18)年10月4日(水) 以後は当日参加で受け付けます
参 加 費 無 料
<主 催>  全国国立大学附属学校連盟高等学校部会・奈良女子大学附属中等教育学校
<後 援>  奈良県教育委員会・奈良市教育委員会
問い合わせ先 奈良女子大学附属中等教育学校 副校長 吉田信也  研究部 武田 章
〒630-8305 奈良市東紀寺町1-60-1
Tel. 0742-26-2571 Fax 0742-20-3660
kenkyukai@roseleaf.nara-wu.ac.jp

その他
(1) 宿泊の手配につきましては、各自でお願いします。
(2) 昼食は、本校生協食堂でおとり下さい。

【スケジュール&内容】

■10月20日(金)

8:45〜
9:15〜9:30
 
9:45〜12:00
 
13:00 〜16:30 
16:30 〜16:50
 
17:00〜17:30
 
17:50〜19:30
受付
全体会
 
分科会1
昼食
分科会2
準備会
 
総会
 
懇親会

【開催分科会】理科、家庭科、保健体育科、教育課程、生活指導、附属のあり方
  
※「生活指導」「附属のあり方」分科会には、全附連加盟校教員のみ参加できます。
【準備会】生活指導、附属のあり方

■10月21日(土)

8:45〜9:30 受 付
9:30〜 公開授業・研究協議(下のタイムテーブル参照)
12:20〜13:30 昼 食(本校食堂でおとり下さい)
13:30〜16:30 公開対談 テーマ:「心の教育」を問い直す
趣旨:つながりや支えあうことの重要性が問われている。「心の教育」はこうした状況への対応策になりうるのだろうか。
語感のやわらかさのゆえ、見えなくなっていることがあるのではないか。
公開対談をつうじて、「心の教育」を批判的にとらえなおしてみたい。
  • 対談者
    姜 尚中 氏(東京大学大学院情報学環教授:政治学)
    春日井敏之 氏(立命館大学文学部教授:臨床教育学)
    中島浩籌 氏(YMCAオープンスペースLIBY運営委員:臨床心理学論)
    お知らせ 小沢牧子 氏は諸事情により参加できなくなりました。

◆公開授業・研究協議        

時刻
国語科
社会科
数学科
理科
英語科
創作科(家庭)
保体科

1限9:30
〜10:20

■4年(4C)
「漢詩の平仄」

授業者
谷本文男

■6年倫理
「新旧ドラえもん比較、あるいは情報化社会における言葉の役割」

授業者
鮫島京一

 

■1年
「いつも心に数学を!」

授業者
大西俊弘 

■2年探求数学「『4枚のカード』
−論理入門−」

授業者
山上成美

■4年(4A)
「基礎化学史」

授業者
越野省三

■4年IE(4B)
「コミュニカティブな英語授業の可能性を探って」

授業者
南美佐江

■5年健康(5C)
「沖縄から健康を学ぶ−修学旅行が10倍有効になる講座−」

授業者
永曽義子

■5年体育
「バレーボール」

授業者
宮本和徳

■2年体育
「ボールゲーム」

授業者
中川雅子

2限10:30〜11:20

研究協議

 

■5年総合数学
「生活の中で数学しよう」

授業者
横弥直浩

 

研究協議
〈指導助言者〉

塚原敬一
(奈良女子大学
理学部教授)

研究協議
〈指導助言者〉

湯川笑子
(立命館大学
文学部教授)

研究協議
〈指導助言者〉

森本恵子
(奈良女子大学
生活環境学部教授)

研究協議
〈指導助言者〉

佐久間春夫
(奈良女子大学
文学部教授)

3限11:30〜12:20

研究協議
〈指導助言者〉

西村拓生
(奈良女子大学
文学部助教授)

研究協議
〈指導助言者〉

重松敬一
(奈良教育大学
副学長)

吉田明史
(奈良教育大学
客員教授)