シンポジウム@「生徒が語るSSH」
シンポジウムA「教師が語るSSHの5年」
公開インタビュー 
 転換期の教育にいま求められるもの ―研究者はSSHをどう見るか―

学長挨拶 
シンポジウムの冒頭で、本学の野口誠之学長よりご挨拶をいただきました
生徒が語るSSH 司会を務めた卒業生の山岡俊弥さんをはじめ、各学年を代表する生徒たちがSSHに対する思いを語りました
生徒が語るSSH 4年中西君
サイエンス研究会へ入るきっかけなどを話してくれました
生徒が語るSSH サイエンス研究会に所属していない生徒代表として、学園祭運営委員長の西野君も登壇しました
教師が語るSSH【授業が変わる】 
数学 山上先生
教師が語るSSH【授業が変わる】 
理科 矢野先生
教師が語るSSH【生徒が変わる】 
サイエンス研究会顧問 川口先生
教師が語るSSH【教師が変わる】 
副校長 吉田先生
公開インタビュー 研究者お二人による本校SSHの総括をはじめ、教育全般について提言をいただきました
公開インタビュー 京都大学 山極寿一 教授
公開インタビュー 奈良教育大学 重松敬一 教授
公開インタビュー
インタビュアーは社会科の北尾先生