Loading...
中正記念堂

基本情報

  • 時間:9時00分〜18時00分
  • 設計:Yang Cho-cheng
そもそも何か
「中正」とは中華民国初代総統であった「蒋介石」の本名(=蒋中正)を指し、1975年4月5日に亡くなった蒋介石に対する哀悼の意を込めて建てられました。
蒋介石90歳の誕生日にあたる1976年10月31日に着工、亡くなってちょうど5年目にあたる1980年4月5日に一般開放されています。

シンボルともいえる蒋介石の席座像が置かれている正面中央の本堂では、おなじみの「衛兵交代式」の他、蒋介石の遺品と共にその功績を紹介する「蒋公文物展視室」や蒋介石に関する 書物・視聴覚教材が利用できる「中正紀念図書館」も無料で開放されています。また本堂の右側にある国家戯劇院(オペラハウス)や、左側の国家音楽庁(コンサートホール)の他に公園広場、庭園、池(光華池・雲漢池)なども併設されているのでいろいろな用途で満喫できちゃいます。

この広大な土地は、清朝、日本統治時代ともに軍が使用していた軍用地跡地だそうで、敷地総面積は25万m平方メートル、なんとオリンピックのサッカー場が25個も入ってしまう広さ!というのだから驚きです。

またここは蒋介石を追悼する場であると同時に、中華民国の思想を表現する場ともなっているため、建物それぞれに中華思想を示すアイテムが散りばめられているんです☆そこに注目して見学すれば感心してしまうこと間違いなしです。
本堂の説明
中正紀念堂は中国・北京にある「天壇」を意識して造られているんです!そして蒋介石の座像は帰ることの許されなかった故郷・中国を向いて座っているのだそうです。シンボリックな八角形の屋根は孫文が唱えた八徳「忠、孝、仁、愛、信、義、和、平」を表しています。

また三面の階段を合計すると84段あり、正面の階段5段をプラスすると89段に!これは蒋介石の享年89を示しているというこだわりよう!本堂の面積は約1万5千平方メートルで、建物の高さは70m。銅像の上部には蒋介石の基本政治理念であった「倫理、民主、科学」が、そして像の土台には蒋介石の遺言がそれぞれ記されてあります。また、像の左右にある文章は蒋介石の直筆を模ったものがそのまま飾られているのだそうです。

フロアの天井には国章である「青天白日」の徽章が描かれているのでこれも必見。堂内の雰囲気はリンカーン記念堂を参考にしており、壁面の大理石はリンカーン記念堂と同じものをアメリカから運んできたのだそうです。また、天井のすぐ下の色が濃い大理石は花蓮産です。

無表情のリンカーン像に対し、蒋介石像は微笑んでいるのが特徴的です。天井の四角い飾りは48×48cmのスクエアで、こちらも「中正」を意味しており、木の部分にはヒノキが採用されています。
必見の衛兵交代!
衛兵交代が見られる時間帯は毎日9時〜17時。衛兵は1時間ずつ交代で蒋介石像を護衛、交代し控室に戻った衛兵は2時間の休憩後に再登場します。
冬の国旗降納時間は17:10、夏は18:10となっているため、夏の場合17時に本堂での任務を終えた衛兵さんは国旗降納時間まで地下の控室で待機するのだそうです。

行き先予定地の場所と詳しい情報

赤い丸をマウスオーバーしてプレビューを表示 | 赤い丸をクリックして詳細情報を表示
場所の画像をタップして情報を表示

龍虎塔

台湾歴史博物館

八田與一紀念公園

士林夜市

中正記念堂

総統府

龍虎塔

建設
1976年
地上高
11 m
階数
7
もっと詳しく>

台湾歴史博物館

営業時間
9時00分~17時00分
もっと詳しく>

八田與一紀念公園

2011年5月8日オープン
もっと詳しく>

士林夜市

営業時間
24時間営業
平均滞在時間
45分~2時間
もっと詳しく>

「千と千尋の神隠し」のモデルとなった山あいの街
もっと詳しく>

中正記念堂

営業時間
9時00分~18時00分

総統府

建設
1919年3月
地上高
60 m
営業時間
9時00分~12時00分
もっと詳しく>
News
New