Loading...

総統府

基本情報

  • 設置:明治28年(1895年)6月17日
  • 廃止:昭和24年(1949年)6月1日
概略
今日でいう中華民国の総統府として使用されている建物は昔は台湾総督府(たいわんそうとくふ、旧字体:臺灣總督府)で、日清戦争の結果清国から割譲された台湾を統治するために設置された日本の出先官庁です。

台湾総督府は、1895年の馬関条約締結から1945年 の日本の降伏まで台湾を統治しました。台湾総督は「土皇帝」と呼ばれるほど台湾の行政・司法・立法から軍事までを一手に掌握しうる強大な権限を持っていました。後に軍の指揮権が台湾軍司令官に移管されたことにより、文官の総督就任が可能となりました。ただし台湾総督は内閣総理大臣の、さらにのちには内務大臣や拓務大臣などの指揮監督を受けることになっていました。

初代総督は樺山資紀で当初は陸海軍の将官が総督を務めました。児玉源太郎総督の下で1898年に民政長官に就任した後藤新平は、土地改革を行いつつ、電気水道供給施設・交通施設情報施設などを整備、アヘン中毒患者の撲滅、学校教育の普及、製糖業などの産業を育成することにより台湾の近代化を推進し、一方で統治に対する叛逆者には取り締まりをするという『飴と鞭』の政策を有効に用いることで統治体制を確立しました。

行き先予定地の場所と詳しい情報

赤い丸をマウスオーバーしてプレビューを表示 | 赤い丸をクリックして詳細情報を表示
場所の画像をタップして情報を表示

龍虎塔

台湾歴史博物館

八田與一紀念公園

士林夜市

中正記念堂

総統府

龍虎塔

建設
1976年
地上高
11 m
階数
7
もっと詳しく>

台湾歴史博物館

営業時間
9時00分~17時00分
もっと詳しく>

八田與一紀念公園

2011年5月8日オープン
もっと詳しく>

士林夜市

営業時間
24時間営業
平均滞在時間
45分~2時間
もっと詳しく>

「千と千尋の神隠し」のモデルとなった山あいの街
もっと詳しく>

中正記念堂

営業時間
9時00分~18時00分
もっと詳しく>

総統府

建設
1919年3月
地上高
60 m
営業時間
9時00分~12時00分
News
New