低学年なかよし集会
金曜日の5時間目に、1年生から3年生が集い、低学年なかよし集会を行っています。
子どもが発表者・聞き手・運営者となり、なかよし集会をつくっていきます。

平成26年度後期の予定
月日 学級の発表
第1回 11月14日 2月 3星係紹介
第2回 12月12日 1星 2星
第3回 12月19日 1月 3月
第4回 1月23日 2月 3星
第5回 1月30日 1星 2星
第6回 2月13日 1月 3月
平成26年度後期 低学年なかよし集会担当:3年星組

▼第1回なかよし集会(11月14日)
 2年月組の発表は、「おてがみ」でした。がまくんとかえるくんのおはなしを、音読と身振りを付けて、発表しました。
 2月オリジナルで、せりふを付け加えたり、歌の詞をおはなしに合わせて変えてうたったり、工夫がつまった発表でした。
 3年星組の発表は、「係の紹介」でした。一人ひとりが自分の役割についての説明とめあてを発表しました。
 めあての中に、「みんなが楽しめる集会にしたい」という言葉がたくさん出てきました。係の仕事のおかげで、みんなが集会を楽しむことができます。これから、低学年の子どもたちが楽しめる集会をつくっていく第一歩の日でした。

▼第2回なかよし集会(12月7日)
 今回のなかよし集会には、附属幼稚園の年長さんが来てくれました。入場から退場まで、一緒になかよし集会を楽しみました。
 1年星組の発表は劇「3匹の子ブタ」でした。背景や衣装を手作りしました。劇に挑戦したのは初めてでしたが、一人ひとりの声がよく聞こえる、伝わりやすい劇になりました。
 2年星組の発表は「十二支のおはなし」の劇でした。十二支という季節に合ったテーマを、わかりやすいストーリーで発表しました。お面や背景にこだわっただけでなく、セットの門が動くように工夫し、動きが豊かで目を引く劇となりました。
  

▼第3回なかよし集会(12月17日)
 1年月組の発表は、朗読劇でした。ナレーターと登場人物2匹に分かれて群読をしました。お互いのテンポを見ながら、声をそろえて読みました。一人ずつのセリフでは声がよく聞こえるだけではなく、その人の気持ちが伝わるような動きが工夫されていました。
 3年月組の発表は劇「ブレーメンの音楽隊」でした。学級で、劇をするチーム、ダンスをするチーム、音楽を担当するチーム、小道具や大道具、背景を製作するチームに分かれて、取り組んできました。劇と言ってもセリフだけではなく、楽器を使った音楽に合わせた、登場人物とバックダンサーによるダンスと歌を交えて、ストーリーが進んでいくという、3年月組の独特の工夫が光っていました。学級で役割分担をして、一つの作品を完成させることが出来ました。
 

▼第4回なかよし集会(1月23日)
 年長さんの発表は、「キン肉マン体操」の体操と「だいすきようちえん」の歌でした。体操では、リズムに乗って身体を大きく動かして、見ている人までワクワクさせる楽しい体操を披露しました。歌では、大太鼓や鈴の楽器も交えながら、幼稚園の園歌を歌いました。大勢の観客を前にして、ステージ上で立派な姿をみせました。
 2年月組の発表は、「ぐりとぐらのおおそうじ」の劇でした。おおそうじをするぐりとぐらや、そのお家に集まる動物たちの、衣装や小道具に工夫がつまっていました。せりふの言い方や動きが、登場人物の気持ちをよく伝えていました。
 3年月組の発表は、「てぶくろをかいに」の音楽劇でした。たくさんの曲がお話とともに歌われました。とてもきれいな歌声で、お話の雰囲気や登場人物の心情がよく表されていました。会場全体が、「てぶくろをかいに」の雪景色の中、あたたかい気持ちに包まれました。

▼第5回なかよし集会(1月30日)
 1年星組の発表は、ミュージカル「くじらぐも」でした。客席や会場の後ろを使って、くじらぐもと子どもたちのやりとりを表現しました。歌をうたい、時にはおどりながら、わくわくどきどきする気持ちを伝えました。
 2年星組の発表は、「2年星組、宇宙へ行く」の劇でした。背景や衣装や大道具を工夫して、宇宙らしさを表現しました。おもしろいストーリーで観客からたくさん笑いを取りました。笑い声の中でもせりふが聞こえるように、言葉をはっきりと伝えました。
 



平成26年度前期の予定
月日 学級の発表
第1回 5月23日 2月 3月係紹介
第2回 5月30日 1月 2星
第3回 6月13日 1星 3星
第4回 6月20日 2月 3月
第5回 6月27日 1月 2星
第6回 9月12日 1星 3星
平成26年度前期 低学年なかよし集会担当:3年月組

▼第1回なかよし集会 (5月23日)
 2年月組の発表は、「わたし・ぼくの宝物」でした。持ってきた宝物を見せながら紹介しました。
 3年月組は、なかよし集会運営の係を紹介しました。
  


▼第2回なかよし集会 (5月30日)
 1年月組の発表は、「歌に合わせてあいうえお」と「自己紹介」でした。体の動きをつけながらあいうえおを発表しました。
 2年星組は、「春を見つけた!」というテーマで、自分の見つけた春を、絵にかいたり五七五にしたりして発表しました。
 


▼第3回なかよし集会 (6月13日)
 1年星組の発表は、「自己紹介」と「くちばしの暗唱」でした。まず、造形で描いた自分の絵と一緒に自己紹介をしました。そして、国語の学習で取り組んできた「くちばし」を、学習の中で知った鳥の動きを交えながら暗唱しました。
 3年星組の発表は、「しごと紹介」でした。自分が将来やりたいしごとを調べ、模型や内容をまとめた画用紙を使いながら、私たちのくらしの中にはどのようなしごとがあるのか、発表しました。
  


▼第4回なかよし集会 (6月20日)
 2年月組の発表は、「私のおすすめする本」でした。本を見せながら、どういうところが好きかを説明したり、あらすじを短くまとめたりしました。
 3年月組の発表は、「昆虫の命の守り方」でした。これまで続けてきた昆虫の観察記録から考えたことをまとめ、絵や模型で説明しました。
 


▼第5回なかよし集会 (6月27日)
 1年月組の発表は、「ぼくのうんどう・わたしのうんどう」でした。難しかったところや見てほしいところを話して、一人マットの上で、ブリッジや前転、側転など、自分の技を発表しました。
 2年星組の発表は、「大きな歌」でした。「大きな歌」の替え歌を作り、画用紙に歌詞を書いてフロア全体で一緒に歌いました。いろんな大きな歌があり、歌詞の拡がりに盛り上がりました。
 


▼第6回なかよし集会 (9月12日)
 1年星組の発表は、「おむすびころりん」でした。全員の声を合わせた朗読は迫力がありました。教科書の文章にはない、工夫して付け加えられた文章や、おむすびや転がっていく穴などの小道具によって、登場人物の感情がよく表現されていました。
 3年星組の発表は、「スーホの白い馬」でした。歌を交えた劇でした。場面ごとの歌がきれいで、感情もよく伝わり、劇をより深く楽しむことができました。歌の力が感じられました。

 




〜平成25年度の様子〜