国立大学法人 奈良女子大学 生活環境学部・大学院

学部長メッセージ

アクセス

english

HOME > 学部・学科 > 学科一覧 > 食物栄養学科

食物栄養学科

目的

 生涯にわたって健康で豊かな生活を営むことは人類共通の願いであり、そのためには食に関わる様々な科学的知識を深く理解していくことが重要です。
  食物栄養学科では、食物、栄養分野における日本のリーダーとなる専門家の育成を目指しています。食物という身近な素材から人々の健康増進、疾病予防を考え、食物の栄養性、機能性、安全性、嗜好性などについて、ライフサイエンスを基礎とした教育、研究を行っています。その対象は化学物質(DNA、タンパク質、脂質、ビタミン等)や細胞などのミクロ分野から、個体、ヒト集団などのマクロ分野まで多岐にわたります。また管理栄養士、栄養教諭、家庭科教員(中・高)、食品衛生監視員・管理者の養成課程を設置しており、病院や学校、保健所での実習を通して実践的な教育も行っています。

学べること
教員一覧
卒業研究の一例
進路と資格
4年間のスケジュール
学生生活
学生の声

学べること

 食物栄養学科は、バイオサイエンスをベースとして、医学や農学、工学分野と連携した、学際性の高い最先端のアカデミックな研究と教育を展開しています。
授業科目として、生化学、有機化学などの基礎科目から、食品化学、食品分析学、食安全学、食品衛生学、調理科学、微生物学、解剖生理学、病理学、栄養生化学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理学などの講義と実験・実習が用意されています。
 1年次では基礎となる科目をしっかり学習し、2年次と3年次では専門的な講義と実験・実習が展開されます。最終学年では、各研究室に配属し、食物栄養学の最先端の問題からテーマを選び、卒業研究を行います。研究室では、先生1人あたり数人という小人数教育がなされ、各先生のきめこまやかな指導のもとで、各自の研究テーマに従って実験・研究を行い、卒業研究を仕上げ、卒論発表会さらには、関連の学会で発表します。研究室のゼミでは先生方や大学院の先輩方との活発な討論が展開され、人間的なふれあいの中で、食物と栄養に関する高度で、最先端の専門知識が深められています。

教員一覧

井上 裕康 教授 [→研究者総覧]

専門分野 分子栄養学、食品機能化学、医化学一般
主な担当科目 生化学U、細胞生理学、分子病態学

食品には体の調子を整える機能をもつ成分が含まれています。我々はこれら食品成分と薬の標的が基本的には同じであるという「薬食同源」の考え方に基づいて食品成分の機能性を評価しています。また、「おいしさ」の本質と健康との関係を理解するため、味覚の研究も行っています。現在は食べると酸っぱいものが甘く感じられるようになる不思議な果実、ミラクルフルーツに注目して研究を進めています。

小倉 裕範 教授 [→研究者総覧]

専門分野 分子生物学、細胞生物学、細菌学(含真菌学)、免疫学
主な担当科目 生体安全学、生体安全学実験、食品微生物学実験

からだの中に入ってくる異物を見つけ出して、からだに害を及ぼさないように分解したり、排出したりする仕組みを研究しています。からだには、そのような仕組みとして、免疫系と、肝臓による薬物代謝系が知られています。

菊崎 泰枝 教授 [→研究者総覧]

専門分野 食品科学、食品成分化学、調理科学、食生活学
主な担当科目 有機化学、食品化学総論、給食経営管理学

野菜や香辛料などの植物性食品に含まれる抗酸化作用やアレルギー、糖尿病などの発症に関わる酵素に対する阻害作用をもつ成分の解明研究をしています。食品成分を抽出・精製・単離し、機器分析や化学反応によって構造を決め、活性を評価し、化学構造と活性の関連性を追究します。食品の抗酸化力評価法に関する研究もしています。

松田 覚 教授 [→研究者総覧]

専門分野 分子生物学、食医化学
主な担当科目 生化学T、食品生物工学、病態生理・生化学実験

ハーブや漢方薬などの食物の中で健康に良いと思われる成分について、どうして健康に良いのかを、遺伝子やたんぱく質の機能を解析することによって研究しています。私たちの体を構成するいろいろな細胞を培養して研究の材料として、高性能な顕微鏡で細胞の様子を観察し微細な化学変化を詳細に分析しています。

高地 リベカ 教授 [→研究者総覧]

専門分野 公衆栄養学
主な担当科目 公衆栄養学、公衆栄養学実習、公衆衛生学

高村 仁知 教授 [→研究者総覧]

専門分野 食品科学、調理科学、食品化学、食品分析学、食生活、環境計測
主な担当科目 調理科学、食品化学各論、食品加工学

「食品の機能性成分に関する研究」
ビタミンCやポリフェノールなど生活習慣病を予防する機能性成分とその調理加工過程における変化などについて研究しています。
「食品のにおいに関する研究」
動物性食素材および植物性食素材のにおいと調理・加工との関係について研究しています。

前田 純夫 准教授 [→研究者総覧]

専門分野 応用微生物学・応用生物化学、応用分子細胞生物学、食生活
主な担当科目 微生物学、食品衛生学、食品微生物学実験

「新しい細菌はどのように生まれるのか?」
現在世界中で問題化している新しい食中毒菌は、「遺伝子水平伝播」という機構によって生まれています。これはある細菌から別の細菌に遺伝子が移ってしまう現象です。前田研究室では、この興味深い現象に関して新たな機構を発見し、その解明を目指しています。

中田 理恵子 准教授 [→研究者総覧]

専門分野 栄養化学、食生活学、食品機能学
主な担当科目 応用栄養学、応用栄養生理学、基礎栄養学実験

ビタミンB群に属する葉酸は、ヒトの一生を通して大切なビタミンですが、その生体内での働きを解明し、葉酸を摂取する重要性を明らかにするための研究を行っています。また、食品に含まれる様々な機能成分の生活習慣病予防効果や運動の影響についても研究しています。

滝澤 祥恵 助教 [→研究者総覧]

専門分野 食品機能化学

脂質異常症薬や抗炎症薬のターゲット分子に焦点を当て、生活習慣病予防効果のある食品成分の探索を行っています。これまでに赤ワインに含まれるポリフェノール・レスベラトロールや食品中の辛み成分などの機能性を見出しています。

市村 真祐子 助教 [→研究者総覧]

専門分野 栄養生理学、食品機能学、病態栄養学、食生活学
主な担当科目

モデル動物を用いて食事(成分)による疾病の発症機序の解明や予防・治療効果の検証をしています。特に生活習慣病である非アルコール性脂肪肝炎(NASH)や肝硬変などの病態をターゲットとしています。

小村 智美 助教 [→研究者総覧]

専門分野 食品免疫学、生体防御学、微生物学
主な担当科目

小さなモデル動物C. elegans(線虫)を用いて、食品成分の新たな機能性の探索を行っています。特にプロバイオティクスの免疫賦活効果やアンチエイジングの研究をしています。

卒業研究の一例

香辛料抽出物によるIL-1β分泌の抑制

 生活習慣病は、身体に過剰に蓄積した脂肪が炎症を起こすことで引き起こされる。私たちはある種の香辛料の成分が、脂肪組織での炎症反応を促す分子IL-1βの産生を抑えることを見出した。そこで生活習慣病の予防を目指し、当該香辛料成分がIL-1βの分泌を抑制する仕組みを解析した。

バラ科ハーブに含まれるヒスチジン脱炭酸酵素阻害活性成分の探索

 ハーブティーに利用されるバラの花弁から、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンの生成を触媒するヒスチジン脱炭酸酵素の作用に対して抑制効果のある数種のポリフェノールを単離、構造決定した。酵素阻害作用の強さや阻害機構はフェノール性水酸基の数に依存していた。

省エネルギーと機能性を両立する調理法と調味料の検討

 「環境に優しい食生活」を目指す動きが盛んになっている。しかし、食品の重要な機能である
「嗜好性」、「栄養性」、「機能性」が損なわれるようでは意味がない。そこで、食品の機能性および省エネルギーを両立するエコロジー調理法と調味料の影響について検討した。

食環境中で細菌はどのようにバイオフィルムを形成するのか?

 バイオフィルムとは微生物の集合体のことで、単独・ラ胞では見られない多様な機能を発揮することが明らかとなりつつあります。このバイオフィルムが食環境中でどのように形成され、どのような機能を発揮するのか?ということを調べています。

葉酸欠乏における脂質代謝の変化

 葉酸は水溶性ビタミンの1つで、貧血を予防する栄養素、胎児の正常な発育に寄与する栄養素として知られています。私たちの研究室では、葉酸が欠乏すると脂質代謝に悪影響を及ぼすことを新たに見出し、どうしてそのような変化が起こるのかを調べた研究です。

進路と資格

 卒業生の多くは、大学院へ進学のほか、食品関連企業の製品開発および基礎研究の部門、病院や公務員での管理栄養士、教育機関での研究・教育職などへの就職の道が開かれています。

取得できる資格

◎ 栄養士
◎ 管理栄養士(受験資格)
◎ 栄養教諭一種免許状
◎ 中学校・高等学校教諭一種免許状(家庭)
◎ 学芸員
◎ 学校図書館司書教諭
◎ 食品衛生管理者(任用資格)
◎ 食品衛生監視員(任用資格)
◎ 社会福祉主事(任用資格)

4年間のスケジュール

  1回生 2回生 3回生 4回生
前期
(4〜8月上旬)
共通科目・基礎科目
4月上旬〜中旬:
新入生歓迎行事
新入生合宿研修
専門科目講義、
実験教職科目
専門科目講義、
実習・実験

通年:
公衆栄養学臨地実習

卒業研究

7月:大学院入試
1〜2月:大学院入試
2月:卒業研究
   発表会・
   修士学位論文
   発表会
3月:管理栄養士
   国家試験

夏休み     栄養教育実習
給食経営管理臨地
実習(前半)
後期
(10〜2月中旬)
共通科目・基礎科目 専門科目講義、
実習教職科目

11〜12月:
在学生合宿研修
専門科目講義、
実習・実験

11月:臨床栄養学臨地実習
春休み     2月:
給食経営管理臨地
実習(前半)