国立大学法人 奈良女子大学 生活環境学部・大学院

学部長メッセージ

アクセス

english

HOME > 学部・学科 > 学科一覧 > 住環境学科

住環境学科

目的

 住環境学は、安全・安心で、快適に生活することができ、自然環境とも共生できる住環境を総合的に創り上げていくことを目指した学問体系です。住環境学科では、空間的には身近なインテリア・住宅から、近隣環境、ランドスケープ、地域コミュニティ、都市にいたる広範な領域を対象に、これらを生活との関係から、どのように計画、設計、整備、管理していけばよいかを考えていきます。
私たちの社会は、少子高齢化、高度情報化、男女の共同参画、家族形態の多様化など、今後変化が一層進展するとともに、地球環境保護意識の高揚に伴って、人々の生活も大きく変化していくと思われます。 それによって生じる新たな住生活ニーズや社会が求める人材の動向を的確に把握し、それに対応した教育・研究を推進して、 社会の要請に応えるとともに、それぞれの専門分野(住環境の構想・計画・設計・管理・改善等)でその本質を見極めたうえで、リーダーとなれるような人材を養成することを目指しています。

学べること
教員一覧
卒業研究の一例
進路と資格
4年間のスケジュール
学生生活
学生の声

学べること

 住生活、コミュニティ、建築デザイン、光・音・熱・空気などの物理的特性、空間構造と材料の性質、住環境形成の歴史、制度やしくみ、ランドスケープなど多様な側面から学習し、研究します。各人が自己の目標に即し、幅広い知識・教養と住環境に関する基礎的能力を身につける履修プログラムを組み、専門的知識・能力を実務に応用でき、社会の要求に十分応えることのできる人材の養成をめざしています。
専門的な講義の他、温湿度や明るさ等の物理的環境と人との関係、住宅材料の耐久性や構造的強度などの実験実習や、住宅・住環境の設計デザイン演習などがあります。各分野の学習内容を総括する設計デザインは全教員で教育指導にあたります。この他に、インターンシップ、合宿研修、見学会などがあり、多角的な授業形態によって学習していきます。また住環境学科の教育プログラムはJABEE(日本技術者教育認定機構)の認定を受けており、卒業生は技術士の第1次試験を免除されます。

教員一覧

井上 容子 教授 [→研究者総覧]

専門分野 建築環境工学分野
主な担当科目 建築装備学、建築装備学実習、住環境工学実習

個人差や年齢差、生活スタイル、空間デザインなどを総合的に考慮した快適な視環境計画法を提案します。空間印象・グレア・見やすさ等に関する基礎研究や、照明環境の実態調査を行います。例えば、快適さと節エネルギーを両立させたL E D照明手法を開発するために、実験から適正な調光調色速度を求め、居住者評価によって実用の可能性を検証します。

瀬渡 章子 教授 [→研究者総覧]

専門分野 住環境計画学分野
主な担当科目 建築計画学、住環境計画学、設計演習

子育て中の世帯や高齢の世帯も、楽しく安心して住める集合居住の形態を検討しています(コレクティブハウス、コーポラティブハウス、シュア居住など集まって楽しく暮らす住まいの研究)。また、犯罪にあいにくい住宅、マンション、街のつくり方・管理など、安全な住まいのあり方を追究しています(防犯の住まい・まちづくりの研究)。

中山 徹 教授 [→研究者総覧]

専門分野 都市計画学・地域計画学分野
主な担当科目 都市計画学、地域居住学、設計演習

日本では国際化、人口減少、高齢化など、従来とは違った変化が生じています。当然、まちづくりにも今までとは違った価値観が求められます。21世紀の日本では、どのようなまちづくりが求められるかを検討しています。中国、台湾など、東アジアのまちづくりについても、現地の大学と共同で検討しています。

宮城 俊作 教授 [→研究者総覧]

専門分野 ランドスケープデザイン・都市デザイン分野
主な担当科目 緑地環境計画論、ランドスケープデザイン論、設計演習

住環境をやや大きなスケールの視点からとらえ、緑地や景観(ランドスケープ)の計画や設計の手法に関する教育と研究を通じて、自然と調和した持続可能な都市のデザインに関わる専門的な技術者の育成をめざしています。特に、デザイナーとしての経験と実績に基づいた実践的な教育をすすめており、卒業生・修了生の多くがこの分野で活躍しています。

長田 直之 准教授 [→研究者総覧]

専門分野 建築設計・空間デザイン分野
主な担当科目 空間デザイン学、住居デザイン学、設計演習

住宅や都市のデザインを考えることは、そこで暮らす人々の生活をより豊かなものにすることです。建築のデザインというと何か奇をてらった装飾ではなく、モノとモノ、コトとコト、モノとコトのために求められる空間を構想することです。実際の設計をとおして、モノやコトそしてヒトとつながる空間を作ります。

長野 和雄 准教授 [→研究者総覧]

専門分野 都市・建築環境学・生気象学分野
主な担当科目 建築環境学、建築環境学実習、設計演習

暑さ寒さの感覚は、気温以外にも、湿度・風・放射温度(長波放射)・運動の状態・衣服が関係します。さらに、昼間に外に出れば日射(短波放射)、室内で床や椅子に座れば接触面の温度の影響を受けます。暑さ寒さの感覚を適切に判定できるよう、これらの影響を総合した体感温度を開発しその有効性を検証しています。

藤平 眞紀子 准教授 [→研究者総覧]

専門分野 住居管理学分野
主な担当科目 建築材料学、住居管理学、住居管理学実習

住宅の耐久性および耐久性向上について、材料と住居管理の両面から研究しています。住居管理では、居住者の管理意識から点検や補修、改修の実態および維持保全計画を中心に検討しています。材料については、木材および木質材料を主としています。また木材の利用促進を目指し、生活環境の木質化についても取組んでいます。

山本 直彦 准教授 [→研究者総覧]

専門分野 生活空間解析学分野
主な担当科目 生活空間解析学、住環境造形実習、設計演習

今日の日本では、住まいの内側は広さ的も質的にも高度成長の時代に比べれば十分なレベルに達しています。 そこで今、求められるのは、近隣関係を育むような家々の集まり方と家のすぐ外の空間のあり方です。世界遺産都市などを舞台に、そうした生活に密着した住まい周りの研究をしています。

瀧野 敦夫 講師 [→研究者総覧]

専門分野 木質構造分野
主な担当科目 建築一般構造学、建築構造力学、構造材料力学実習

伝統的木造建築物(社寺仏閣や住宅)や在来軸組工法住宅、木質ラーメン構法などの木造建物を対象にして、調査・実験・解析などを行い、耐震性能の向上を目指した研究を行っています。

室崎 千重 講師 [→研究者総覧]

専門分野 住生活学・福祉住環境分野
主な担当科目 住生活学、住環境造形演習、設計演習

少子高齢化が進みライフスタイルが多様化する中で、どこで・誰と・どのように住まうかを改めて考える必要があります。多様化する家族・暮らしと住空間との関係を捉え、新たなニーズに対応する住まいや住まい方を探ります。また、誰もが暮らしやすいまちや住まいづくりの実現に向けて他分野の研究者とも共同しながら研究しています。

工藤 瑠美 講師 [→研究者総覧]

専門分野 建築環境工学・人間工学分野
主な担当科目 住環境工学実習、建築装備学実習、住居管理学実習、

建築には様々な材料が使用されていますが、これらの材料はそれぞれ異なった特徴や性質をもっています。生活空間を構成する床,壁,天井などの建築部位・部材には、どのような材料が適しているか、安全性や快適性の観点から要求される性能をもとに評価する方法について研究しています。

池上 陽子 助教 [→研究者総覧]

専門分野 建築環境工学分野
主な担当科目 住環境工学実習

眼球の中に入ってくる光が眼球内で散乱する性質を利用して、実際の空間において見ている対象の見えやすさを、子どもからお年寄りまで様々な人たちの特性を考慮して予測する研究を行っています。

卒業研究の一例

住環境学科では、卒業研究として卒業論文か卒業設計のいずれかを選択して取り組みます。

卒業設計「萃点を灯す−春日奥山から未来への文化継承の地」

 この作品は、奈良の春日奥山において行われてきた檜皮の生産過程を広く社会にむけて発信し、人と自然の関係にかかわる日本の伝統的な価値観を再評価するための場を再生すること目的とした提案である。

卒業論文「アートイベントにおける伝統的建築物の空間利用に関する研究
      −奈良町家の芸術祭Hanarart 2012の調査から−」

 奈良県で行われた芸術祭の企画・運営に関わりながら、アート作家さんたちが古い建物の魅力をどのように評価し、どのように演出・活用しているかを調査し、古い建物の保存・活用の新しい可能性・方向性を検討しました。

卒業論文「大規模災害が発生した中山間地域における集落再建のあり方に関する研究」

 奈良県南部の山間部は、2011年の台風12号で大きな被害を受けました。平坦な地域がほとんど無い山間部で、どのような復興が望ましいのか、どうすれば安全に暮らせるのかを、復興に関わりながら、村民と共に考え、卒業研究としてまとめたものです。

卒業論文「くつろぎ空間演出の照明要件に関する研究」

 「くつろぎ」は居住空間だけでなく、公共空間、商業空間などあらゆる場に求められます。照明器具の設置方法や、光量などの主要な照明要素とくつろぎの満足度との関係を実験から明らかにし、照明設計のためのくつろぎ空間演出効果の予測式を提案しています。

卒業論文「低照度下における暑熱及び交通騒音条件が青年女性に及ぼす複合影響」

 寒いけれど静かな環境と暖かいけれどうるさい環境、どちらがどの程度快適なのでしょうか?このような複数の環境要因に被験者を曝した実験を行い、騒音レベルと室温から快適度を予測できる図を提案しました。

進路と資格

 住宅産業、建築業、設計事務所、設備メーカーなどに就職して、住宅に関する知識を深めて実地に生かす人のほか、コンサルタントとしてまちづくり等に携わったり、国・地方の公務員となり住宅・建設行政に携わる人もいます。また、大学院に進学して専門性を究め、高度な技術者として社会に出る人や研究職へ進む人もいます。

取得できる資格

◎ 中学校教諭一種免許状(家庭)
◎ 高等学校教諭一種免許状(家庭) 
◎ 二級建築士(受験資格) 
◎ 一級建築士(実務経験2年後の受験資格) 
◎ インテリアプランナー(試験に合格し実務経験2年後の登録資格) 
◎ 木造建築士(受験資格) 技術士(JABEE認定による一次試験免除) 
◎ 学芸員 
◎ 学校図書館司書教諭  
◎ 商業施設士補(在学中に受験資格)

4年間のスケジュール

  1回生 2回生 3回生 4回生
前期
(4〜8月上旬)
共通科目・基礎科目
4月上旬〜中旬:
新入生歓迎行事
新入生合宿研修
専門科目講義・実習
設計演習はじまる
専門科目講義・
実習・演習

8月:
研究室の配属決定

卒業研究ゼミ
専門科目講義

4月:就職活動
7月:大学院入試

夏休み    

8〜9月
在来生合宿研修
インターンシップなど

卒業研究の
資料収集

後期
(10〜2月中旬)
共通科目・基礎科目
専門科目講義
(概論など)

12月       
クリスマスコンパ
(学生企画)
専門科目講義・実習
12月       
クリスマスコンパ
(学生企画)
専門科目講義・
実習・演習
ゼミ
(住環境基礎実習)

12月       
クリスマスコンパ
(学生企画)

卒業研究ゼミ

12月
クリスマスコンパ
(学生企画)
2月
大学院入試
卒業論文・
卒業設計発表会
追いコン
(学生企画)

春休み       3月下旬:卒業式

  

在来生合宿研修                            卒業論文・設計展