奈良女子大学 衣環境学専攻English
ごあいさつ 開講科目 就職情報 資格情報 教官紹介 学生のページ 卒業生のページ HOME
今岡教授研究室のご紹介
奈良女子大学 生活環境学部 生活環境学科 アパレル第二講座  連絡先:imaoka@cc.nara-wu.ac.jp
ごあいさつ

今岡教授今岡研究室ではアパレル製品を情報として捉える研究を行っています。衣服の、色柄と形を数理的に取り扱い表示する技術を中心に研究を行っています。色柄や形を計算によって生成すること、分類すること、評価することが中心となります。形の基礎的な学問として曲線と曲面の数学とCAD、色柄の基礎的な学問として画像処理とCGがあります。分類と評価の基礎的な学問としては多変量解析とファジィ積分があります。私たちが開発した着装シミュレーションはこれからの衣服設計になくてはならないツールとなっています。この分野は日本が世界をリードしています。http://www.i-designer-web.com/
   
  略歴

東京工業大学大学院総合理工学研究科システム科学専攻出身(工学博士)、国家公務員上級(甲種)試験(情報工学)合格、通商産業省工業技術院繊維高分子材料研究所主任研究官を経て、平成2年4月奈良女子大学家政学部助教授、平成13年4月より現職。この間平成10年に、文部科学省在外研究員として連合王国ブラッドフォード大学客員研究員。
どんな研究?
   
1. 色とは

色とは
研究内容
色とは何であるか、という質問に的確に答えることは結構難しいものです。日常分かっていることなので、説明がかえって難しい典型的な例です。色を説明するには、光、物体、視覚系、脳を説明する必要があります。したがって研究すべきことが多く残されています。地球上の動物は時々刻々変化する環境を認識しながら生存しています。環境を認識するために視覚系があります。認識の中でも物体認識は重要です。色が物体表面の属性であれば都合がよいのですが、残念ながら物体表面の属性は分光反射率です。色をあたかも物体表面の属性のようにみなすための工夫があなたの目にそして脳にあります。
2. 柄の数理

柄の数理
研究内容
リピート模様は17種類しかないことが分かっています。http://escher.epfl.ch/escher/を使って練習しましょう。できた模様はPrint Screenでコピーし、Paintなどの画像処理ソフトでトリミングして保存します。保存した画像を着装シミュレーションで衣服の柄として検討します。3回転対称性をもつリピート模様は格子であるピクセルと整合しませんのでどのように工夫したらよいのでしょうか。
3. 形とテクスチャー

形とテクスチャー
研究内容
形をコンピュータで表示することはモデリングと呼ばれ多くの研究があります。人体や衣服は複雑な形状をしていますので、小さな三角形で表現します。形に色を付けて表示することはレンダリングと呼ばれこれも多くの研究成果が活用されています。平面の布に与えられた柄を立体に貼り付けて表示することはテクスチャーマッピングと呼ばれる技術です。メタリックな色、毛羽立った表面などを短時間で表示する技術はまだ確立していません。
4. ファジィ積分

ファジィ積分
研究内容
幾つかの属性をもつ商品の価値を評価することは日常よく行います。入試で英語と数学の試験がありその総合点をどのようにするのかというのが典型的な問題です。理系では数学を200点満点、英語を100点満点にすることがあります。理系では数学のできる学生を高く評価しています。このような例以外に良く出来た科目を200点満点、出来なかった科目を100点満点にするという評価方法も存在します。素点が英語と数学ともに50点の学生は150点の総合点が与えられます。英語が100点数学が0点の学生は200点の総合点が与えられます。どちらか一方の科目でも優秀であればよいという評価方法ですこのような評価方法を一般化したモデルがファジィ積分です。2002年ノーベル経済学賞を受賞したKahneman教授の研究はファジィ積分と深く関係しています。
生活環境学部ホームページ
Copyright ©2004 Nara Women's University. All Rights Reserved.

作成・管理:奈良女子大学 生活環境学部 生活健康・衣環境学科 衣環境学専攻