学生の皆さんへのメッセージ

 新入生及び在学生の皆さん、学長の今岡です。

 新型コロナウイルスが蔓延し感染症患者の増加が著しいことから、令和2年4月7日、政府より「改正新型インフルエンザ等対策特別措置法」に基づく緊急事態宣言が出されました。これは「人と人との接触機会の削減」により感染拡大を防ぐことを目的としており、奈良県の近隣では大阪府と兵庫県がその対象となりました。
 これを受けて、本学では来月5月6日までを対面授業をしない補講期間としました。5月7日以降の予定は4月末にはお知らせしたいと考えています。現在、遠隔授業に関する検討を急ピッチで進めていますので、その準備を学生・教員・大学それぞれが行う必要があります。

 こういった状況の中で、私から学生の皆さんにお願いがあります。
 人と人とが一切接触しないということは出来ません。出来るのは、それを極力少なくするように常に意識することです。意識して日々の記録を残してください。「今日は誰と何時間どこで会って、お互いにマスクをしていた。」というような記録を取るようにお願いします。

 いま一番大事なのは、自分自身が感染症患者にならないことです。また、感染症患者や濃厚接触者と診断された場合、あるいはその予備軍であると自覚した場合の行動も大切です。そして同様に、学生の本務である単位を取得して、力をつけ卒業することも非常に大切なことです。この状況下では、人と会うことなくコミュニケーションが取れる情報通信手段を活用することは非常に効果的ですので、是非、その環境整備に努めてください。

 皆さんの健康を守ること、学習の機会を保障することを両立させるため、本学は感染症対策に総力を挙げて取り組んでいます。コロナウイルス禍の後に、学生も教員も大学も知的であったと誇れる日が来るのを心待ちにしています。
 

令和2年4月10日
 奈良女子大学長 今岡 春樹