Nara Women's University
Department of Biological Sciences
Developmental Neurobiology Laboratory

奈 良女子大学・理学部・神経 発生研究室

1998年4月〜2015年3月


 

燈火会 街を彩る優しい明かり

神経発生研究室は、2015年3月で閉じます。
新たな研究活動は、奈良県立医科大学・生物学教室・発生再生研究ユニットとして、
2015年4月よりスタートします。
今後は、同教室のHPにて、活動報告をいたします。


English

更新しました 2014. 4. 1 (研究NEWS, ラボNEWS, メンバー, 研究業績など) 過去の更新  2014. 1/2013. 5/ 2010. 4/ 2009. 6/


奈良女子大学 神経発生学研究室へよ うこそ!
研究NEWSと研究テーマ
研究室メンバー
研 究 業 績
院生・卒研の研究テーマ
最近のラボNEWS
関連イベント
実 験室の紹介
研 究室セミナー
卒 業生の進路
卒 研配属の選び方
奈 良女 謎々・奈良不思議
海 外研究室との交流
荒 木先生のプロフィール
リ ンク
奈良女子大学・神経発生研究室は平成10年(1998年) 4月にスタートしました。創設12年となる2010年2月に奈良で同窓会を開き、大勢の卒業生が大集合。その後も、2011年、2013年、2014年と同窓会開催、いつもOGの活躍ぶりに刺激されます。
 現在、研究テーマの紹介にあるように、複数の テーマ が進行中です。他所ではできないオリジナルな発見を!を常に目標に。研究室開設16年を経て、どのテーマも大きな 成果をあげています。決して物真似をせず、最先端技術だけに頼らず、職人さんの意地とワザで仕事をしたい、いつもそんな気持ちで取り組んでます。
 
  研 究テーマのキーワードは「発生」 「再生」「眼」「神経」です。
細胞生物学・分子生物学の手法や胚操作、組織培養の技術を用いて研究しています。 網膜再生と幹細胞研究、目や脳の形態形成過程で重要な意味のある背と腹の領域の決定機構など。また、目の姉妹器官とも言える松果体の 発生研 究を通して、脊椎動物光受容器官の進化の問題も扱っています。


Web site: since 2001/9/25

連絡先  masaaraki(a)cc.nara-wu.ac.jp

オリジナ ル制作 Sanae Mitsuda (2001)
Copyright (C) 2001/2005/2006/ Develop.Neurobiol. Lab. Nara  Women's Univ. All Rights Reserved.   =無断転載は禁止します=