平成27年度 大学教育再生戦略推進費 「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」

「奈良女子大学下市アクティビティセンター」開所式を実施しました。                 


 平成28年7月16日(土)、奈良女子大学は下市町農村環境改善センターに「奈良女子大学下市アクティビティセンター」を開所し、開所式を実施しました。奈良女子大学と奈良県吉野郡下市町は包括的連携協定を締結するとともに「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」においては事業協働機関として地方創生に向けて協働しているところですが、「奈良女子大学下市アクティビティセンター」はCOC+事業で学生が下市町を訪問した際の活動拠点として、また、教職員・学生と下市町の方とが交流を深めるコミュニティスペースとして利用すべく開所したサテライト施設です。今後、学生や町民の意見を反映しながら、観光振興、社会ネットワークの構築といった同町の地域創生に寄与できる事業を展開していきます。センター内には同町の木工舎で製作された木製机・長椅子も配置され、学生が同町の地場産業に触れながら学ぶことができる環境ともなっています。

                 
        左より 下市町マスコットキャラクターごんたくん、癘{龍昭下市町長、藤原素子奈良女子大学やまと共創郷育センター長

                 
                            アクティビティセンター外観

                 
                           アクティビティセンター内観

                                                                                                   
.