[世阿弥自筆] 盛 久  全体図
 紙高26.5cm、全長194.5cm。楮紙。改装巻子本一巻。裏端書き「モリヒサ 世」。奥書「応永卅年八月十二日 世書」。世阿弥自筆。  他の世阿弥自筆能本に比べ推敲の跡が多いが、『五音』上に世阿弥の息子の元雅作とあるので、元雅原作と考えられている。
 内容は、源氏に捕らえられた平家の侍盛久は、日頃信仰する清水観音に詣でた後、土屋某により鎌倉へ護送される。処刑前夜、観音経を読誦すると霊夢を蒙る。翌日由比ヶ浜に引き出され処刑されようとする時、刀が折れる。頼朝の前に呼ばれ、霊夢について語り、命を許され、舞を舞って退出する。
 『平家物語』長門本などの盛久説話による直面の現在能。

 
巻姿

巻姿

 
端裏

端裏

画像サイズ : 2,560 × 14,848 pixel (余白含む)
JPEG 表示
詳細表示

画像表示方法のご案内


    (C) 2004-2014 生駒山宝山寺, 奈良女子大学学術情報センター