六輪一剣之図題詞(六輪一露之記跋)
 縦34.1cm、横95.1cm。楮紙。巻子仕立て一巻。端作り「題六輪一剣図後」。奥書「康正初元秋抄漁庵散人宗□謹書」。
 南江宗□自筆。南江宗□は一休とも交わりのあった禅僧。禅竹の『六輪一露之記』および一条兼良と志玉の注を見て、その跋を与えたもの。「這は是れ、家伝は真の仏法 六輪一剣は風流に非ず」と禅竹の能楽論を仏法を体現するものと頌した。
全体図
画像サイズ : 2,560 × 6,656 pixel (余白含む)
JPEG 表示
詳細表示

画像表示方法のご案内


    (C) 2004-2014 生駒山宝山寺,
奈良女子大学学術情報センター