阪本龍門文庫善本電子画像集  古写本の部
奈良地域関連 電子画像集 学術情報センター

雑 談 記

小画像
大画像

目録番号126
書名雑談記
写刊別
冊数1冊
書写(刊行)年代文明10年(1478)
資料サイズ縦26.8cm×横21.6cm
備考袋綴

 外題・内題ともに「雑談記」とあるが、本書は、南北朝期の二条派の歌人、頓阿の歌学書『井蛙抄』の、第6雑談篇の冒頭から29項目分(「歌論歌学集成」10所収の『井蛙抄』の項目立てに拠る)のみを有する本である。

 奥書は無く、「文明拾年極月下旬書之/右中将(花押)」の書写識語がある。
 川瀬一馬氏は、現在の裏表紙の見返し(本文共紙)に「三条西実隆自筆なるべし。二十四歳なり」と書き付けられたが、文明10年(1478)に「右中将」は実隆以外にもう一人、正親町公兼がおり、筆跡からは公兼(当時26歳)の筆の可能性が高い。


Copyright (C) 2002-2014 Sakamoto Ryumon Bunko & Nara Women's University Academic Information Center. All rights reserved.

カウンター カウンター