地域環境学コース


国立大学法人 奈良女子大学 文学部 人文社会学科 Faculty of Letters, Nara Women's University


ご挨拶


● 地域と環境をまたにかける!

 世界には,自然・歴史・社会・文化などが異なる様々な地域があり,その空間的な広がりも大小さまざまです。そして,このような多様な地域の環境を分析・解明する手法もいろいろ考えられます。

 地域環境学コースでは,人文地理学,自然地理学,環境社会学,それらの学際領域たる地域研究の4つの研究領域が協同して人文社会学科の他のコースとも綿密な連携を取りつつ,従来の地理学や社会学とは一味違う「地域環境学」の構築を目指しています。

 講義は,1回生から受講できる人文地理学・自然地理学・環境社会学といった概論を基礎として, 地域環境学・社会地理学・地形環境学・環境問題論・気候風土学などの専門的な講義が開かれています。


● 自然から人間・文化までまたにかける!


 さらに,空中写真・各種地図類コレクションや先端的な計測・情報処理機器を積極的に活用した実習や演習,長期および日帰りの野外調査などを加えて,地域環境を多面的に把握する力を養うための多様なカリキュラムが組まれています。また,学際的なアプローチも可能で,国際協力活動に関する基礎的な能力も身につけることができます。


● 世界をまたにかける!

 コース専任スタッフは,国内各地での調査はもとより,アジアの発展途上地域や南極などを含む長期にわたる海外調査・滞在の経験があります。このような研究の広さが授業に反映されて,地域環境と関わるさまざまな研究領域や,多様な対象地域について学ぶことが可能になるわけです。

 学生の卒業後の進路としては,大学院への進学,学校の教員,一般企業への就職のほか,地図・測量・旅行関連企業への就職や,地域環境行政の第一線に立つ公務員,地域計画や環境アセスメントの調査員,地域環境情報処理のプログラマーなど,専門を生かした活躍の道が開かれています。