佐保会館

*********************************

  佐保会館の設置

佐保会館は奈良女子高等師範学校・奈良女子大学の同窓会である佐保会が所有する同窓会館です。建築は皇太子殿下(昭和天皇)の御成婚記念事業として大正13(1924)年に企画され、奈良県吉野出身の建築家岩崎平太郎氏(1893〜1984)に設計を依頼しました。昭和3(1928)年9月の竣工以来今日まで、佐保会運営の本拠地としての機能を果たしてきていす。建築費26,683円20銭は当時の佐保会員と母校教職員の醵金によるものです。

  国の登録有形文化財に認定

築後77年を経過した平成17(2005)年、『この建物は和室と洋室を備え、内部は巧みな平面計画と落ち着いた意匠でまとめられており、外観を和風とする昭和初期の木造近代建築として重要である。』と評価され、国の登録有形文化財に認定されました。

  改修工事の概要

佐保会館が国の登録有形文化財に認定されたのを機に、建物の耐震補強と、社団法人佐保会としての任務である公益事業を、ここを拠点にして更に充実・発展させることを目的として、大改修工事が行われました。改修の設計監理は一級建築士石井智子氏(佐保会員)に依頼し、平成18(2006)年3月着工、翌19年3月完工しました。歴史的建造物のよさを残すため、伝統工法や自然素材を用いる配慮が随所になされています。改修資金131,541,764円は、佐保会員をはじめとして、母校教職員、あせび会員(佐保女学院・奈良佐保短期大学同窓生)、そして柳汀会員(附属学校同窓生)などからの醵金によるものです。

  建物の見どころ

佐保会館は、明治41(1908)年の旧奈良県立図書館、明治42(1909)年の奈良ホテルなどと類似した伝統的な意匠の建築で、階段手すりの擬宝珠(ぎぼし)、広間の格天井(ごうてんじょう)、窓枠のデザインなどに特徴があります。

  外観

建物は桁(けた)行24.75m、梁間12.07m、木造2階建て、入母屋造(いりもやづくり)です。東西の妻(つま)側には豕扠首(いのこさす)という形式の妻飾りがあります。壁は柱が外面に現れる和風建築の伝統的構法である真壁(しんかべ)造りであり、漆喰塗壁です。
豕扠首

  玄関

車寄せの天井は格天井で、アールヌーボー調のシーリングライトがつけられています。玄関引き戸や表札は創建当時のままのものです。また玄関入り口上部の繊細な欄間(らんま)も特徴のひとつです。

  一階

中廊下の上部の壁は一部創建当時のものを残しています。12畳半・10畳敷の二間続きの第二和室は格式ある書院造りとなっています。天井は棹縁(さおぶち)天井で、押さえの棹に猿頬(さるぼお)と呼ばれる面取りをしているのが特徴です。また障子の組子は縦横を交互に交差して組む両組手(りょうくで)と呼ばれるもので、匠の技の丁寧さがみられます。欄間は竹の節という形式で、竹の節の形状の切込みを入れた親柱を立て、横材を二本渡して間に、たすきをいれたデザインです。さらに1階には重厚な雰囲気の応接室があり、窓はロープを用いた当時のままの上げ下げ窓です。玄関ホールの置時計は設立以来、故障もなく15分毎にウエストミンスター寺院と同じ荘厳な音を館内に響かせています。

  二階

玄関ホールの左手階段を登りはじめると、1階のやや重い雰囲気とはうって変わり、吹き抜け空間に作られた窓から入る光によって明るく開放的な趣となります。吹き抜け廊下の手すりには神社や寺院にみられる伝統的な建築物の装飾である擬宝珠が付けられており、モダンな中にもクラシックな雰囲気を漂わせています。木製ドアを開けると、200uの大ホールが目の前に広がります。大ホールの天井は折上(おりあげ)格天井です。折上げは周囲の壁と天井の間を支輪(しりん)という曲げ木でカーブをとりながら立ち上げ、天井を高くする形で格調の高いものです。改修前には、南北に並ぶ窓は上げ下げ窓でしたが、復元が難しくすべて押し開き窓とし、上部の窓はハンドルで操作するようにしました。床は二重床にして、保温が考慮されています。照明は壁に取り付けたもの、天井から吊るしたものとも当時のものです。改修では、明るさ確保のためダウンライトが増設され、非常用ライトも取り付けられました。大ホールに隣接した西側の洋室は、当初の優美であるが清楚な雰囲気をそのまま残して、照明器具(当時のまま)、カーテン、壁紙の模様など全体が調和のとれた心地よい空間になるよう配慮されています。

佐保会館・所蔵品

*********************************

  会館の設備・備品

ホールにある30卓の机の中には、70年前から使用されていたものもあり、残された傷跡が往時を物語っています。また、当初からある布張りの椅子の背もたれには、昭和初期のデザインの彫刻がほどこされています。座部の布も当時のままの椅子が数脚あります。改修にあたり、机・椅子とも補強修理し、さらに追加購入して最大150名の入場が可能となるように整えられています。映像音響機器として電動スクリーン、プロジェクターそしてコンソール卓(書画カメラ、DVD、CD、ビデオ、スピーカーの操作用)が設置され、また、2階大ホールの様子は、1階第二和室にある65インチテレビを通じて観ることができます。このほかに、2階には52インチテレビも備えられています。これらのうち映像機器はシャープ(株)の寄贈によるものです。このほかに、佐保会館には文化財的な二つの楽器があります。ひとつはヤマハ製のアップライトピアノ(製造番号967番)です。現在所在が判明しているもので1000番以内のものは、わずか3台しかないとのことです。おそらく明治32年頃の製造と推定され、およそ110年前のものと考えられます。ピアノの前面左右に燭台があり、前板には簡素ながら品のよい彫刻がほどこされています。 もうひとつはオルガンです。これもヤマハ製で、明治42年頃の製造と推定されています。ストッパーが13あるのも珍しく、ニーレバーも3つ あって、微妙な音色の調整が可能です。佐保会館の改修工事にあわせて、ピアノとオルガンともに、ヤマハサービスセンターに修理を依頼し、100年を超えた音色を聞くことが出来るようになりました。

  収蔵品・「郷土人形とひな人形」「戦前に海を渡ってきた中国人形」(一般社団法人佐保会所蔵)

昭和3(1928)年10月、社団法人佐保会(奈良女子高等師範学校および奈良女子大学同窓会)の本部となる佐保会館が本学構内に落成しました。当時の奈良女子高等師範学校には、中国(当時は中華民国)東北部や台湾からの学生も含まれ、留学生のみならずその地域に住む日本人も入学し、また帰っていきました。当時の卒業生達は、佐保会館落成の記念として、昭和5年2月に約110点の中国人形を、さらに同年7月には1点、翌年8月には台湾から約6点の中国人形や細工物を寄贈しました。その後、中国では第2次世界大戦や文化大革命などの混乱の中で、人形を作ったり、それらを保持したりする余裕が失われてしまい、台湾でも本資料のように完全な形で現存しているものは極少です。幸いにも戦前に海を渡ってきた佐保会所蔵の中国人形は、多くの文化財を有する奈良という土地に守られ、戦災を免れてほぼ完全な形で保存されており、70年以上を経た現在、それらは国内外を問わず貴重な資料となっています。(記念館一般公開パンフレットより抜粋)

佐保会館 ・利用案内

*********************************

  佐保会館利用のご案内

佐保会館は、次の目的をもつ諸会合にご利用していただけます。
  1.佐保会員相互の親睦・交流
  2.奈良女子大学との連携による学術研究のための研修
  3.教養・文化向上を目指した地域社会への貢献のための催事

  1.佐保会館利用の日時

* 佐保会館は、月曜日から金曜日の10時〜16時に開館します。
  ただし、祝日および夏期・年末年始の休業日は休館します。
  (休業日はホームページのトップ、イベント等お知らせの欄に記載)
*午前7時の時点で、奈良県北西部に気象警報が発令されている場合、緊急休館とします。
   時間外および休館日のご利用については、必要に応じてご相談に応じます。

  2.佐保会館利用の申込み受付

*利用申込みは、使用日6ケ月前から受け付けます。
*利用申込み手順
   仮受付(電話,Fax,Email可)→申込み(「利用承認申請書」の提出)
    →利用承認の通知→施設利用料金の納付
    →「利用承認書」の発行→利用にかかわる打合→施設利用。
  ・様式 「利用承認申請書」(.pdf)
  ・様式  「利用承認申請書」(.docx)
  ・仮受付後1週間以内に「利用承認申請書」の提出がない場合、仮受付は取り消されます。
  ・利用する施設・設備の日程・時間などは、「利用承認申請書」を手渡した時に確定します。
  ・既納の利用料金は、原則としてお返しいたしません。

  3.佐保会館の施設および音響・映像機器のご利用料金

   施設、音響・映像機器のご利用にあたっては利用料金を頂戴いたします。
   また、冷暖房の使用の際は、別途利用料金をいただきます。
   詳細は当会へお尋ね下さい。
 

  4.佐保会館利用申込み先

    一般社団法人佐保会
  〒630-8263 奈良市北魚屋西町奈良女子大学構内
  Tel 0742-23-3805  Fax 0742-22-4144
  Email sahokai@cc.nara-wu.ac.jp
  郵便振替 00960-9-30417

東京会館

*********************************

   佐保会東京会館ご案内

佐保会東京会館は杉並区阿佐ヶ谷南にあります。
会館は、東京支部の運営活動や厚生文化活動に使用されています。
佐保会員に開かれた会館です。

  <使用上の細目> 

 

  T 使用できる方 

佐保会員  佐保会員の家族(ただし、男性は会員同伴に限ります)
母校教官および学生  会員の紹介による一般女性

  U 使用上の手続き

使用希望の方は下記電話・FAX・Eメールでお問い合わせください。
使用目的、人数、責任者の卒業年次・氏名・連絡先をお伺いします。
改めてご連絡いたします。

  V 部屋数

洋室[広間](14畳)、 和室[奥山](6畳)、 和室[若草](4畳):各1室

  W 開館日

火曜、木曜、金曜、土曜、の10:15〜12:30 13:15〜16:00 
ご利用時の詳細についてはお問い合わせください。

  X 閉館日

日曜、月曜、水曜、祝祭日、年末年始(12月20日〜1月7日)
8月(8月は原則閉館ですが 使用希望の場合はご相談下さい)

  一般社団法人 佐保会東京会館

〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南1−8−3
TEL  (03)3311−7771
FAX  (03)3311−8210
Email  sahokai.tokyo@nifty.ne.jp
URL   http://sahokai.tokyo/